本文へスキップ

メンタルヘルスONLINE 統合失調症 アルコール依存症 薬物依存症 危険ドラッグ 精神障害等の病院搬送

統合失調症

メンタルヘルスONLINE 統合失調症,アルコール依存症,薬物依存症,脱法ハーブ・脱法ドラッグ・不安障害,うつ病,病院搬送移送

精神科医療・依存症専門の民間救急 全国対応 !

統合失調症病院東京メンタルヘルスONLINE が選ばれる理由
精神障害者移送" 1.緊急な病院への要請・手配が可能
2.当社顧問弁護士との連携が可能
3.豊富な現場経験・知識
4.徹底した守秘義務
5.親亡き後, 退院後の提案が可能
6.全国対応 - 独自のネットワーク
7.精神医療に特化した支援体制
8.搬送は救命救急士・看護師が同行

統合失調症 薬物依存症 脱法ハーブ 危険ドラッグ アルコール依存症 鬱
薬物依存症 対象者をいち早く精神医療につなげる。当社は長年にわたる高度な病院搬送経験を活かし、全国対応にてご相談から病院手配・病院搬送支援・退院後リハビリ支援・親亡き後のご提案まで一貫したサポート体制を行っています。小規模だからこそ可能な、きめ細やかな支援体制、低費用、徹底した安全と信頼を追及します。

統合失調症

<主な業務内容> 当社は医療機関ではありません精神障害者 移送
1.全国対応 精神疾患 各種依存症者の病院搬送
2.施設入所、障がい者福祉等の支援手続き
3.専門医・専門病院、入院支援及び手配
4.親亡き後の備え・社会福祉の活用支援
5.個人及び企業メンタルヘルス不調者の予防
6. 弁護士による連携支援
 
 専門員による万全の対応 - 難解な問題も解決
統合失調症 病院

メンタルNEWS

統合失調症
2016年6月10日
腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに
国立精神・神経医療研究センター神経研究所と功刀 浩部長(疾病研究第三部)とヤクルト本社を中心とする共同研究グループは、43人の大うつ病性障害患者と57名の健常者の腸内細菌について、善玉菌であるビフィズス菌と乳酸桿菌の菌数を比較したところ、うつ病患者群は健常者群と比較して、ビフィズス菌の菌数が有意に低いこと、さらにビフィズス菌・乳酸桿菌ともに一定の菌数以下である人が有意に多いことを世界で初めて明らかにしました。この結果から、善玉菌が少ないとうつ病リスクが高まることが示唆されました。
 本研究成果は、オランダ時間 2016年5月24日に科学雑誌 Journal of Affective Disordersのオンライン速報版で公開されました。

統合失調症
2016年6月8日
政府が対策強化 医療と相談拠点整備  2016年5月31日配信 
政府は31日、アルコール依存症対策の基本計画を閣議決定した。全都道府県に専門医療機関と相談拠点をそれぞれ1カ所以上整備すると明示したのが特徴。依存症当事者や家族が、居住地域で相談から治療、回復まで切れ目ない支援を受けられる体制づくりを目指す。
 国内のアルコール依存症の人は推計で100万人を超えるが、実際に治療を受けているのは約5万人とされる。こうした状況の解消に向けて、計画では、専門医療機関は治療の中心となるだけでなく、人材育成や病院間の連携拠点の役割も担うとした。相談拠点は、依存症当事者や家族と専門医療機関や支援団体をつなぐ役割を担う。
 また計画は、生活習慣病のリスクを高める量の飲酒をしている人の割合について、2020年度の目標を設定。男性は14年の15.8%から13.0%へ引き下げ、女性は8.8%から6.4%に引き下げるとした。

統合失調症2016年6月8日
【熊本地震】医療用麻薬と向精神薬、処方箋なしで調剤可能‐厚労省が通知
厚生労働省は20日、熊本地震の被災地で医療用麻薬と向精神薬を必要とする患者について、医師への連絡や指示が確認できれば、処方箋がなくても薬局で交付できるとの見解を示し、被災地等の都道府県に通知した。
 通知では、被災地の患者が麻薬を処方する医師へ受診したり、麻薬処方箋を受け取ることが難しい場合、薬局などの麻薬小売業者は、患者の症状を医師に連絡し、麻薬を使うことの指示が確認できる場合、医療用麻薬を調剤できるとの見解を示した。

 また、向精神薬についても、被災地の患者が医師に受診したり、処方箋を受け取ることが難しい場合、薬局などの向精神薬小売業者は、患者の症状を医師に連絡し、向精神薬を使うことの指示が確認できる場合のほか、医師から事前に包括的な服用の指示が確認できる場合に、必要な向精神薬を調剤できるとの見解を示した。

統合失調症

スマートフォン版