鷹へのお誘い


「鷹」のホームページへようこそ。

「鷹」は昭和39(1964)年に創刊された俳句雑誌です。
主宰の藤田湘子のリーダーシップのもと、飯島晴子をはじめとするすぐれた俳人を多数輩出しながら、古典から前衛におよぶ戦後俳句の幅広い領域にわたって力強い足跡を残してきました。湘子は平成17年に惜しまれつつ世を去りましたが、昭和36年生まれの小川軽舟主宰、昭和55年生まれの柳克弘編集長という現在の俳壇でもっとも若い後継体制を組み、湘子時代と変わらぬ実力結社として活動を続けています。

湘子は『20週俳句入門』『実作俳句入門』などのすぐれた入門書を著し、俳句指導者としても大きな実績を残しました。その伝統はそのまま継承されています。軽舟主宰や先輩たちの指導により、初めて俳句を作る人でも戸惑うことなく、俳句を作る楽しみを知ることができます。「鷹」の会員は北海道から沖縄まで全国に広がっています。「五人会」と呼ぶ小さな句会での活動も、「座の文芸」である俳句の魅力を教えてくれるでしょう。

本格的な俳人としての活動を志す人も、趣味としての自己表現にあこがれる人も、俳句を愛するという共通項のもとにわけへだてなく和気藹々と集まった二千人の集団──それが「鷹」です。このホームページをご覧になった皆さんを新しい仲間として お迎えすることを、楽しみにお待ちしています。

Copyright (C) 2007 鷹俳句会 All rights reserved.