2017〜2018年度 RI会長 Ian H.S.Risely テーマ
  ”ROTAY:MAKING A DIFFERENCE”  「ロータリー:変化をもたらす」
   1本の植樹・・・・・・地球を救う
   会員の愛・・・・・・・ポリオの根絶
   人道的奉仕・・・・・・社会の平和
   広報・・・・・・・・・ロータリーの認知度

〇芦屋川ロータリークラブのテーマ”輝こうロータリアン” ロータリアンに変化を
 今年度28代目会長としての私の使命はロータリークラブの伝統を継承しつつ時代にあった会務と発展に
 寄与することです。超我の奉仕を実践することで会員個々が満足感を得ることができ、それがロータリアン
 として誇りを持つことに繋がります。

〇魅力ある例会と親睦・・・人生の道場
 ロータリーは異業種間と年齢差の会員の交流の機会で有り、社会活動に必要なあらゆる知識の宝庫です。
 例会は、その職業上の倫理観を持った人間を育成する研修の場で親睦を深めてこそ、会員が輝き五大
 奉仕を実践できるのです。

〇増強・・・知識の拡大
 他業種の会員確保は知らない知識を持った人材確保であり、しいてはその知識が会員の人生において
 役立つ事になるのです。このロータリーの魅力を知ってこそ友人、知人にロータリーへの入会を勧めること
 ができ会員個々の率先した増強活動に繋がります。

〇青少年奉仕・職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・・・・四大奉仕の実現
 ロータリーは奉仕の精神を教育される機会が与えられ人間形成の場であります。我がクラブはこの理念を
 会員だけでなく若者の将来を見据え、ローターアクトクラブ、インターアクトクラブを支えていきます。
 会員個々の職業を共有し提供する機会を例会に設けます。地域に密接した社会奉仕そして大きく世界に
 目を向けた国際奉仕を実現してまいります。

〇輝くクラブ作り
 ロータリーライフは会員が立てるものであり、執行部が立てるものではなく主権在会員です。クラブ管理・
  運営を明確にして先輩からのアドバイス、指導、そこに話し合いのできるクラブとなり魅力あるロータリー
 になるのではないでしょうか。

芦屋川ロータリークラブは永遠です。芦屋川ロータリークラブの歴史に私の名前を飾ることは光栄なことで
すが、会員のご指導ご協力無くしてこの大役を果たすことはできません。切にお願いし1ページのスタート
とします。

2017-18年度 会長          
溝 井 康 雄