芦屋川ロータリークラブ創立20周年記念事業

音楽縁日(おんがくえんにち2009)

 

 創立20周年記念事業のひとつとして、8月29日(土)、30(日)の両日、 「音楽縁日」を開催した。「音楽をひとり一人にとどけよう」をテーマに、子どもたちには、一流の音楽を真っ白な心で聴き、その体験の中で自分の好きな音、好きな音楽を見つけ、またそれによって自分の心がどう変わるのかを感じてもらいたい。大人たちには、いつもは聴かない音楽や聴いたことのない音楽に接し、新たな発見や感動によって、子どものころの心を思い出してもらいたい。そして音楽の力、音楽の未知なる力を知るきっかけとなってもらいたいと考えた。こういった主旨で2日間、2会場で16公演、様々な音楽を一流のミュージシャンたちにお願いした。   ジャンルは、クラシック、ラテン、ジャズ、アジアの歌、日本の歌、中国楽曲、カントリー、アフリカ音楽など多彩なものとし、さらに音楽療法の講演や体験セミナーも行った。当日、中国古筝を演奏されたブルグトさんが、山形で米山奨学生だったとお聞きし、驚くとともに、またご本人もロータリーの奉仕に参加でき大変うれしいとのコメントをいただき、二重の喜びとなった。来場された一般の市民の方々は、延べ2000人にのぼり、皆さん大変にこやかな笑顔で帰っていかれたのが印象的だった。

【日  時】 平成21年8月29日(土)、30日(日)  12:00〜17:15

【対  象】 一般、ロータリークラブ会員

【場  所】 JR芦屋駅前ラポルテ本館3階 ラポルテホール・山村サロン

【主  催】 芦屋川ロータリークラブ

【後  援】 芦屋市・芦屋市教育委員会

【参 加 者】 延べ約2000名