表紙  準備  観光  宿泊  交通   飲食  ショップ  
通貨  イベント ニュース  ヒント集  リンク



電話 

   公衆電話機はブルーのCUC(セウセ)払いのものと、シルバーのペソ払いのものがあります。
   テレホンカードもCUCカード・ペソカードの二種類。
   キューバ国内のみならペソカードがお得。
   街角にあるETECSA・エテクサの電話ブースで売っています。
   (品切れの場合もよくあります)
   キューバから日本へかける場合は119+81+市外局番から0を取った番号+相手の番号
   03−xxxx−0000へかける場合は、119813xxxx0000

   ハバナ市の電話番号は6桁のものと7桁のものがあります。
   海外からキューバにかける場合 
   国番号は53 ハバナの市外局番は07です。
   

CUCのテレホンカード

$5・10,・20の三種類
国際通話が可能
キューバから海外へ電話をする場合、コレクトコールと 0120等のトールフリー受信者払いの番号は利用できません。

 
CUCカード用公衆電話 テレフォン・カード(CUC)

3・5・7ペソの三種類 国内通話のみ可能
 市内通話は5センターボ/1分 (100センターボ=1ペソ)
 3ペソカードで1時間話せます。
注:ペソカードは左端角を折って裏返して電話機に差し込みます。
 
  ペソカード用公衆電話     ペソのテレホンカード 裏返して入れる

  これらのカードの他に、propia(プリペード式)のCUCカードとペソ・カードがあります。
  プロピア・カードはまず106に電話し、
  アナウンスに従ってカードの裏に書いてある12桁のナンバーと#を打ち込み、
  相手の電話番号と#を押すことによって通話可能になります。
  このカードはどの公衆電話でも一般家庭の電話でも使えます。使用方法は同じです。


 携帯電話 
 
 Cubacelスペイン語のみ)でレンタルと買取りができます。
 オフィイスは空港の他、
 VEDADOのCentro de Prensa International(Calle23 y CalleO)の ビル1階にもあります。
 (〜5:00PM 月〜金) 160文字までのショート・メール機能つき。
 *’07年現在日本との間で送受信はできなくなっています
 
 注:キューバの携帯は受信の際も料金がかかります

 レンタルの場合の料金(様々なプランがある中の1例)
 電話機使用料 1日$6.00  回線使用料1日$3.00 前払い
 1分ごとにかかる通話料金: 2011年現在
かける時/受ける時 7:00AM〜10:59PM $0.45/分 11:00PM〜6:59AM $ 0.10/
 
 通話料金はプリペイドカード方式
 カードを買ってそのコードを入力することで使用可能になります。
 契約の際はパスポートと宿泊先の住所・電話番号などが必要です。
 その他にデポジット等がかかりますので、
 上記CubacelのHPで最新の情報をチェックして下さい。
   


携帯レンタル
 こちらの会社の携帯は、日本からでも予約できます。

インターネット事情 

 ホテルのビジネスセンター($ 9/h)か、ETECSA($ 6/h)のブースでアクセス可能です。
 各所に設置してあるPCの内、日本語表示可能なPCが何台かあるという状況ですから、
 使用前に日本語表示可能な台かどうか確認をお薦めします。
 (読むだけで、日本語での書き込みはできません。)
 ETECSAとCapitolioのブースはホテルより料金が安いので、順番待ちの可能性大。

 ホテルとCapitolioではパスポートの提示は求められませんでしたが、
 ETECSAのブースでは提示、もしくはパスポート番号を求められます。
HOTELのPCについて 基本的に宿泊していなくても利用できます。
 Hotel Habana Libre
 
ハバナ・リブレのビジネスセンターは、
 ロビー中央の階段を上がった2階左手奥。
 ミニマム・チャージ$3、それ以降は1分ごとのチャージ制。
 後払い。PCは6台。
 Tel  55 47 04
 Hotel Nacional
 ナショナル・ホテルのビジネスセンターは、
 ロビー左手の階段を上がった2階。
 バーの一角にあります。課金はHabana Libleと同じ。後払い。
 Tel  8733564 Fax 8732542

 Hotel Meliá Cohiba
 メリア・コイーバのビジネスセンターは1階左手奥。
 以前はゲストも使用可能だったのですが、
 現在は「宿泊客のみ」とのこと。(’06・5)

 Hotel Riviera
 ホテル・リビエラのPCはスピードが遅い。
 事前に利用時間(30分・1時間等)を告げて接続してもらう。
 料金後払い。あまりお薦めしません。

 Hotel Inglaterra
 ホテル・イングラテーラのPCは非常に遅い。
 日本語表示不可・PCは3台のみ。
 料金は前払い。お薦めしません。

  Capitolio(カピトリオ)のPC
 Centro HabanaにあるCapitolio内のCiber cafe Capitolioは正面階段を登った1階にありますが、
 料金はCapitolio入り口外の左手にあるチケット売り場で事前に買わなくてはなりません。
 長い順番待ちということもありますので、時間がない時は、入り口の係りの人に説明をして、
 中を確認してからチケットを購入する事をお薦めします。

 注:通常Capitolioに入る時は入館料が要ります。インターネットをする場合は
    その旨を告げチケットを係りの人に見せましょう。$3の入館料が不要になります。
                      





CapitplioのCiber Cafe 稼動しているPCは4台
ブースの手前で順番待ちしている人たち

待ち時間を利用して観光客同士で情報交換も
 
 *bananaさんからの情報  2009年3月
 カピトリオのPCは、30分3CUCから利用できて、日本語も読めるPCもありました。
 最初に使ったPCは日本語文字化けしたのですが、変えてもらったPCは読めました。
 また、30分一度に使う必要はありません。残分は3ヶ月間有効だと言われました。


  ETECSA エテクサ(公衆電話公社)のPC
 
 一番信頼できるは、
 VEDADOのCalle23 とCalleOの交差点にあるCentro de Prensa Internationalのビル
 (Cine La Rampaの対面にあります)1階にあるブースです。8:00AM〜8:00PM
 ここにはPCが8台(故障の場合も・・・)あり、日本語表示可能なPCも数台あります。

 街角のETECSAのブースのPCは一般的にスピードが遅く、日本語表示もできません。
 PCは1台ですし、あまりお薦めしません。
 
 旧市街のObispo通り中ほどにもETECSAのtele Puntoという新しいブースがあります。
 天井が高くクーラーがきいていて、旧市街めぐりに疲れた時の休憩場所にもお薦めです。
 インターネットをする方はパスポートをお忘れなく。ATM1台あり。

 使用方法
 パスポート番号と名前を告げ、前払いでチケットを買う。
 係りから提示されたログインコードと、自分で作ったパスワードを入力して使います。
 時間が余った場合は、又次の機会に使用できます。

 :その際、ログインコードとパスワードを忘れると無効になってしまいます。
    残った場合、次の人に使われてしまう場合がありますので、
    きちんとログアウトして終了して下さい。
    ETECSAのブースでは必ずパスポート番号が必要です。

 
郵便 
 現在日本ーキューバ間の郵便のやり取りは難しいのが現状です。
   普通郵便で出した場合、現地に届いたり届かなかったり。
   1通目に出した郵便が2通目に出した郵便より先に届く場合もあります。
   届かない場合も多いので、「無事届けば良し」としなければならない状況です。
   郵便局のEMSという国際スピード郵便なら、通常1週間前後で届くのですが、
   これも中身を抜かれたり、届かなかったりという事が現実に起こっています。
   本当に大切なものはDHL等が確実でしょうが、宅配料金が高額ですからご検討下さい。'07年12月

 

 上へ

表紙  準備  観光  宿泊  交通   飲食  ショップ  
通貨  イベント ニュース  ヒント集  リンク