セラピスト紹介



Shinobu(しのぶ)

1973年8月生れ しし座 0型

英国IFA認定アロマテラピスト・栄養士

*LSAベーシック・リフレクソロジー講座終了
*LSAホットストーン・マッサージ講座終了
*LSA妊娠と出産のためのアロマテラピー講座終了
*ビオナチュレ フィトテラピー講座終了
*LSA(ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー・ジャパン)卒業


都内短期大学の食物・栄養コースを卒業後、府中市にある特別養護老人ホームで調理員として7年間勤務。
その後LSA(ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー・ジャパン)に入学。
卒業後はフィトテラピストの和田潔美先生と出会い、ハーブを使用したフィトフェイシャルを学ぶ。
ハーブの心地良い香りに心身ともにリラックスし、その効果のすばらしさを改めて実感。
この感動を1人でも多くの方にお届けしたいという思いで日々トリートメントをさせていただいております。


セラピストになったきっかけは・・・。
幼い頃から自然療法を愛する親戚の影響もあり、怪我や火傷には薬草を使っておりました。
実は調理員時代、沸騰した煮汁を顔にかぶってしまい火傷をした事がありました。
(顔の半分はかさぶたを作ったほど)
はじめは病院へ行ったものの、あのベッタリとした軟膏がどうしても嫌でひたすら薬草とアロエを使い続けました。
今では誰が見ても火傷をしたなんて信じられないくらいに傷跡も残っておりません。
このような生活でしたので、植物の持つ力は物心ついた時から実感しておりました。


ラヴェンダーとの出会い・・・。
両親が北海道出身だった為、富良野のラヴェンダーとは小さい頃からのお友達でした。
その頃はまだアロマテラピーという言葉は聞いたことがなく、ラヴェンダーの紫の色と甘い香りにうっとり。
それから20代に入ってからラヴェンダーの精油を手にしアロマテラピーの世界へ・・・
懐かしさを感じるとともにその奥深さをもっともっと知りたくなったのです。
私にとってアロマテラピーの道へ進んだことは、何の迷いもなく自然の流れだったのですね。


私の興味があるものや好きなもの・・・。
漢方医学・ヨガ・テルミー・ハチミツ・鎌倉・韓国ドラマ・竹内まりや・香水・つげのくし・エンジェルカード・鳩居堂などなど。




ブログはこちらです。植物療法で素肌美人