静謐の森 - ドゥーム / ストーナー / スラッジ・コアのアルバム・レビュー

静謐の森 - ドゥーム / ストーナー / スラッジ・コアのアルバム・レビュー
Forest Of Tranquilness

Doom / Stoner / Sludge-Core Rock Site

ディスコグラフィ

Fatso Jetson

「Toasted」  1999年 4th アルバム

Fatso Jetson
Toasted

Fatso Jetson: Toasted ・ 4th アルバム
・ Stoner / Desert
・ 1999年 アメリカ
・ Bong Lood Custom Records / BL38
・ 評価 10/10 ■■■■■■■■■■

Mario Lalli ヴォーカル / ギター  - Orquesta del Desierto - Brant Bjork And The Bros - Ten East
Larry Lalli ベース
Tony Tornay ドラム
Chris Goss / Fatso Jetson プロデュース

01. New Age Android  04' 33"
02. Magma  05' 57"
03. I've Got The Shame  02' 27"
04. She's So Borg  04' 38"
05. Swollen Offering  05' 53"
06. Tutta Dorma  04' 35"
07. Rail Job  01' 45"
08. Procrastination Process  03' 46"
09. Too Many Skulls  06' 39"

Total Running Time  40' 18"

1999年リリースのアルバム第4作。 アイデア、曲、音、演奏すべてに文句のつけようのない傑作だ。 たった5音しかないブルー・ノート・ペンタトニックから、 これほど豊かで斬新、かつ個性的な作品が生まれることに素直な感動をおぼえる。 アイデアに満ちており、しかしひとりよがりではなく、それを実現化する演奏力もそなわっている。 クリス・ゴスとの共同プロデュースによって、音にすっぽりつつみこまれるような臨場感をつくりだすことに成功。 爆走する第7曲以外はどれも中庸テンポ、骨太のグルーヴにのって進行する。マリオ・ラーリの声は太く、滅多に歌いあげることはしないがソウルフルでこの界隈では貴重な存在だろう。 ギターはさらに特徴があり、 奇抜な音程をからめたフレーズは新鮮で楽しい。ベース、ドラムはいっけん地味ながら、きちんと勘どころを押さえている。インスト3曲 (第4・6・9曲) がとくにすばらしい。出会えたことに感謝できる1枚だ。

・ 未聴作品
「Stinky Little Gods」  1995年 1st アルバム 全10曲
「Power Of Three」  1997年 2nd アルバム 全12曲
「Flames For All」  1999年 3rd アルバム 全9曲
「Cruel & Delicious」  2002年 5th アルバム 全13曲
「Live」  2007年 ライヴ・アルバム 全7曲
「Archaic Volumes」  2010年 6th アルバム 全10曲
・ 公式 Web
-----

ホームページへもどる
ページトップへもどる
バンド一覧へもどる
静謐の森 - ドゥーム / ストーナー / スラッジ・コアのアルバム・レビュー
equilibrium@w7.dion.ne.jp