静謐の森 - ドゥーム / ストーナー / スラッジ・コアのアルバム・レビュー

静謐の森 - ドゥーム / ストーナー / スラッジ・コアのアルバム・レビュー
Forest Of Tranquilness

Doom / Stoner / Sludge-Core Rock Site

ディスコグラフィ

Mammoth Volume

「Mammoth Volume」  1999年 1st アルバム

Mammoth Volume
Mammoth Volume

Mammoth Volume: Mammoth Volume ・ 1st アルバム
・ Stoner
・ 1999年 スウェーデン
・ The Music Cartel / TMC22CD
・ 評価 08/10 ■■■■■■■■□□

Jorgen Andersson ヴォーカル
Daniel Gustafsson  ギター
Kalle Berlin ベース
Nicklas Andersson ドラム
Nicklas Andersson / Daniel Gustafsson プロデュース

01. Seagull  04' 11"
02. Morning Song  04' 37"
03. Her Hair  03' 53"
04. Dervish Song  03' 24"
05. Horizon  04' 07"
06. Closer To The Sun  04' 27"
07. Shindig  04' 25"
08. Family Tree  05' 05"
09. The Pinball Referee  04' 27"
10. Matthew 6 : 21  03' 02"
11. Super Runner  05' 43"

Total Running Time  47' 28"

1999年リリースのアルバム第1作。バンドはスウェーデン出身。Kyuss スタイルのストーナー・サウンドだが、お国柄か、メロディ・センスに知的な洗練を感じさせ、ポップな歌と甘やかなコーラス、ヘヴィな器楽が混合しており、たんなる Kyuss 追従者ではない。 各曲の随所、 および如実に第6曲や第10曲にあらわれているジャズ趣味は幅広く柔軟な音楽性を感じさせ、異彩をはなっている。 中心人物のダニエル・グスタフソンと、 ニクラス・アンダーソンはともに作詞、作曲をわけあい、複数の楽器をあやつる。 単純にクレジットを見るとイェルゲン・アンダーソンがメイン・ヴォーカルだが、ダニエルとニクラスが歌うナンバー (第1・2・4・6曲) もすくなからずあり、さらにエミール Emir Horozic というセッション員がトラック1〜3、8〜11でドラムをたたくなど、録音時のメンバー構成が流動的であったことをうかがわせる。きらめきはある、が器用貧乏かもしれない。

・ 未聴作品
「Noara Dance」  2000年 ミニ・アルバム 全7曲
「A Single Book Of Songs By Mammoth Volume」  2001年 過去作品集 全13曲
「The Early Years」  2002年 過去作品集 全17曲
・ 公式 Web
-----

ホームページへもどる
ページトップへもどる
バンド一覧へもどる
静謐の森 - ドゥーム / ストーナー / スラッジ・コアのアルバム・レビュー
equilibrium@w7.dion.ne.jp