■フリートーカー
Free
Talker

・管理人:てるお




■日記ログ

・06年4月以前は
 コチラへ


2006

4月 5月 6月 7月

8月 9月 10月

11月 12月



■リンク

・庵

・自称清純派




7/01/14(日) 「さっそく更新が遅れた・・」

年明けすぐに栂池高原で俺が幹事のスノボ旅行を友人5人としてきました。





今シーズンは暖冬のため、頂上部以外は枯れ草がぴょんぴょん出ている状態でちょっとコンディションが悪かったんですが、天気には恵まれたおかげで現地到着時から皆ご機嫌。早速頂上まで上がり、さぁ楽しいスノボの時間の始まりだとスタート直後にいきなり体が何回転もする大コケ。左腕をとっさに伸ばしてしまい、肘間接が逆方向に決まる形で吹っ飛びました。

指は動き、痛いながらも関節も動いたので折れてはいない様子。しかし、あまりの痛さで暫く動けず、友人達もレスキューを呼ぼうか声をかけてきましたが、ここでレスキュー沙汰は旅行が盛り下がると考え、「大丈夫!とりあえず滑って降りてから麓の病院に行くよ」と答え、足さえ壊してなければスノボは出来る!と自分に言い聞かせて根性で滑って下山。その後は病院に行ってくるから皆滑っててよと言い残して、一人病院へ。

医師の話ではレントゲンでは骨は異常なかったが、間接が一瞬脱臼しかかって靭帯が伸びたのだろうと診断。湿布を貼るぐらいの処置しかないと言われ、以後の滑りは当然禁止。加えて血流が良くなって痛みが増すからと飲み会と風呂の禁止令。折角温泉もあり、酒も買い込んでいるのにそんな殺生な。

ゲレンデに戻って友人と合流し、「どうだった?」と心配の声。ここは幹事として滑りも夜の飲みも盛り下げるわけには行かないと思い、「結構大丈夫みたい」と返答。痛いままの左腕をなるべく動かさないように気をつけながら滑り、夜も「逆に考えるんだ。アルコールで痛みを紛らわすことも出来る」とアルコールをがんがん摂取。おかげで未だに腕をちょっとでも曲げる激痛。


新年早々、アンラッキースタートなのも1/13で24となり、数え年で25の厄年だからに違いません。スノボから帰ってきて一発目の仕事で、実質内容として経営不振による給与の引き下げの通達がされたのもその所為に違いない。転職を現在真剣に検討中。頭の痛い給与の問題に腕も痛い。キーボードを打つのも苦労で仕事もままならない。ホント困る。


熱烈なリベラルオナニスト(=左派)だから左腕動かないのはホント困る。






7/01/01(月) 「あけましておめでとうございます」

明けましておめでとうございます。今年は更新頻度を上げれるよう、頑張ります。ええ、ホント頑張りたいと思います・・・。



年越しは仕事が終わった後に家に帰るには微妙な時間だったので、大晦日だからか俺含めて3人しかいない馴染みの飲み屋で、ゆく年くる年を見ながら迎えました。新年のサービスとしてシャンパンもらいましたが、日本酒が良かったなぁ。






で、元旦も仕事でめっさブルー。嫌々ながらも仕事をこなし、年末年始と仕事に出た代わりに3〜5日は休みにしたので明日から今シーズン初のスノボに行ってきます。例年稀にみる暖冬なので積もっているかは現地着いてのお楽しみ。帰ってきたら今まで溜め込んでいた自宅作業の仕事9か月分をを月内に片付けねば・・・。スパロボOGが発売延期になったのはある意味、天啓か。

そんな感じで本年もよろしくお願いします。



メールフォーム:
感想・ご意見を頂けるとありがたいです。
返信が必要ない場合はお名前/e-mail欄は空欄でも構いません。
サイトをお持ちの方は本文にURLを頂ければ幸いかと。


名前:  e-mail:

本文: