TOEIC対策教材批評/勉強法(レベル別)

TOEICで点を取るにはどんな教材でどのように勉強すればよいのかを徹底解析
大学生通信TOP
大学生デパート
おすすめ懸賞サイト
アルバイト紹介
TOEIC対策
おもしろ動画
LINKS

TOEIC対策教材批評/勉強法(レベル別) 始めに

今や国際化の流れに伴い就職や大学院の院試などでも必要となってきたTOEIC,もはやこのテストは多くの 大学生にとって必須のものとなってきている、最近では会社内での昇給条件等にも適用され始めています。 筆記試験に足を運んだ学生に対して、 「TOEICのスコアが○×点以下の方は、残念 ながらお引き取りください」と通知した企業もあるらしいです。 そこで今回はTOEIC対策について徹底的に解説する事にしました。

各企業が採用しているTOEICスコア基準
900点 松下電器(国際広報担当者)
860点 富士通(海外出張が頻繁にある営業・技術者)
三菱商事(社内留学の条件)
800点 日立製作所(経営幹部候補者)
730点 日本IBM(次長昇格の条件・長期海外出張者)
三菱商事(海外在住者)
富士通(国際業務従事者)
700点 伊藤忠商事(海外在住者
650点 松下電器(主任昇格の条件)
日立製作所(課長昇格の条件)
600点 富士通(エンジニア・事業企画担当者など)
伊藤忠商事(入社時の最低基準)
日本IBM(短期海外出張者)
トヨタ自動車(係長昇格の条件)
NEC(全社員の目標スコア)
キヤノン(海外赴任者・国際業務従事者)
三井物産(入社時の最低基準)
富士通(入社2年目に社員に求める目安)
日本IBM(課長昇格の条件)
580点 三菱商事(全社員に求める最低基準)
550点 住友金属工業(全社員の目標)

TOEICテストとは

TOEICとはTest Of English for International Communicationの略称、つまり国際英語コミュニケーション能力テストのことです。 この名前からも容易に察する事ができるように、英語に関する知識というよりも、社会における実戦 的な英語のコミュニケーション能力を診断するためのテストです。英語圏で暮らしていくために必要な 英語力が問われるわけで、テスト内容はビジネス会話の聞き取りや広告の読解などになっていて、 受験英語とは全く内容が違います(逆に主に留学用に使われるTOEFLの方はテスト内容が文学作品であったり、環境破壊であったりと ほぼ大学受験の内容と一致します。)それ故TOEICを受験するにはそれに対応した勉強がやはり必要となってくる 分けです(これは後ほど詳しく説明)。またTOEICのレベルと点数の関係は大まかには次のようになっています。


レベルA : 860点以上
 Non-Nativeとして十分なコミュニケーション能力を持っている。自己の経験の範囲内では、専門外の 分野の話題に対しても十分な理解とふさわしい表現が出来る。Native speakerの域には一歩隔たりが あるとはいえ、語彙量、文法、構文のいずれをも正確に把握し、流暢に駆使する力を持っている。
レベルB : 860〜730点
 どんな状況でも適切なコミュニケーションが出来る素地を備えている。通常会話では完全に理解でき、 応答も速い。話題が特定分野に渡っても対応できる力を持っている。業務上も大きな支障はない 。正確さと流暢さに個人差があり、文法・構文上の誤りを見受けられる場合もあるが、意思疎通を妨げる 程ではない。
レベルC : 730〜470点
 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションが出来る。 通常の会話であれば要点を理解し、応答にも支障はない。複雑な場面における的確な対応や意思疎通になると 巧拙の差が見られる。基本的な文法・構文は身についており、表現力の不足はあってもともかく自己 の意思を伝える語彙を備えている。
レベルD : 470〜220点
 通常会話で最低限のコミュニケーションが出来る。ゆっくり話してもらうか繰り返しや言い換えを してもらえば簡単な会話は理解できる。身近な話題であれば応答も可能である。 語彙、文法、構文ともに不十分なところはおおいが、相手がNon-nativeに特別な配慮をしてくれる場合には 意思疎通を図る事ができる。
レベルE : 220点未満
コミュニケーションができるまでに至っていない。単純な会話で相手にゆっくり話してもらっても 部分的にしか理解できない。断片的に単語を並べる程度で、実質的な意思疎通の役には立たない。

内容が違うという事は勉強方法もそれに合わせたものになる

当然のごとく対策も今までの受験勉強とは異なったものとなります。言ってみれば 受験勉強での英語とTOEICでの英語は文法問題を除いては現代文と古文くらい違います。 TOEICの問題を見ると経理部のSmithさんが・・とか取締役会(board of directors)があっただとか、とりわけビジネスに 関する話が多いです。つまりこれらビジネスの話に慣れていなければ聞き取りも読み取りも出来ません。 受験英語の頻出テーマが環境、医療、科学、小説などとするならば、TOEICでの頻出テーマは政治経済、日常生活(広告の読み取りなど)という事になります。 下に大学受験では出ないであろう頻出TOEIC英単語を挙げておきます。半分もわからなければTOEIC対策の勉強は不十分といえるでしょう。
大学受験にあまり出ないであろうTOEIC頻出用語集
bord of directors 取締役会 real estate 不動産
accounting 会計学/計算/経理 brochure パンフレット/小冊子
tenure 任期 finance 融資する
deposit 頭金/保証金/預金 bulliten 公報/知らせる
breau 案内書/事務所 mortage 抵当/住宅ローン
flyer びら/ちらし fiscal 国庫の/財政上の

まず現在のTOEICの得点を知ろう

TOEICを受けたことがない人はまず自分がTOEICで何点くらい取れるのかを把握する必要があります。 それをかなり正確に測ってくれるものが右にある本です。他にもあると思いますが僕がやった中で 一番正確に得点が出たものは之です。100人のモニターを使ってデータを取ったのですから 予想得点の正確さは割と信用できると思います。この本は3回分の模試が付いているのですが 僕の場合1回目の試験を解いてみて出た予想得点が666〜692、2回目の試験を解いてみて 出た得点が720〜754点でその模擬試験を解いた1週間後の本番では715点でした。まあ それなりに正確な値は出てますよね。ということでまだTOEICを 受けたことがない人はこの本を買ってまず自分のレベルを知るといいと思います。後 あまり知られてないのですがTOEICはリスニング の時もリーディングの時も一切テスト用紙への書き込みは禁止しているので模擬試験の時も 本に書き込まないようにしましょう。

換算得点が出たらいよいよTOEIC対策教材の紹介

換算得点がでたら レベルに応じて学習教材を選択する必要があります。
 まず400点以下の人・・ 基本がわかっていません。まずは文法力が不可欠です、文法力なしにはリスニングにせよ リーディングにせよ理解できるはずもありません。よって文法だけは我慢して勉強する必要があるのです。という 事で右にある本でも買って 勉強しましょう。この本はTOEICテストのみならず一般的な 英語学習者にも適した文法書です、文法の前置詞の使い方がよくわからない人などはレベルを問わず読んでみる 価値はあります。英語がいかに効率的に出来ているのかがよくわかります。

400点を超えるとようやく管理人がお勧めする英語教材に手を出せるレベルになったといえます。 これから管理人が紹介していく教材は イングリッシュアドベンチャーの大人気教材家出のドリッピー 、たった一日5分聞き流すだけで英語力が付くがうたい文句(大嘘)のスピードラーニング、英語耳を作る マジックリスニング、忘却曲線を利用したTLT英語学習システム、アルクのTOEIC対策、ヒアリングマラソンです。

なぜTOEIC対策に一般の本ではなくこのような総合教材を紹介するのか?

500点を超えるぐらいまではサクサクと一般の文法書等の本や問題集で伸びていきますがそれからは一冊薄い問題集をこなした程度ではなかなか点数が上がっていきません。また一般の本は長文なら長文だけ単語なら単語だけの本が多く総合的な学習環境がなかなか手に入れられません。統合的な参考書も出るには出ていますがとても十分とは言えない内容です。自分で学習するにあたってそのような薄い単語集やら問題集があったところでカリュキュラムのたてようがありません。たとえたてられたとしてもそれを実行するのはかなり困難だと思います。計画性がまるで見えないからすぐに飽きてくるし勉強時間も減るのです。また問題集をかえるごとに文法等の説明のしかたや単語の意味も変わってくるので混乱を招きやすいという欠点もあります。これではTOEICの対策などできるはずもありません(中にはできる人もいますけど)。取り合えずそういった 欠点をうまく取り除いたものが紹介するTOEIC対策教材といえます。

それでは紹介おすすめTOEIC対策教材

スピードラーニング(人気教材という事で掲載)以外はお勧めです。勉強法は記載されている通りにやるのが一番です。めんどくさいカリキュラムをわざわざ系統立ててたててくれているのですからそれに従うべきです。

TOEIC対策英語教材早見表
Newton TLTソフト CD-ROM版 TOEIC750点保証
点数アップ即効性気合い効率レベル
10101010500点以上
備考:全てパソコンでやるため目が疲れます。一日2時間が限界か。まあしかしものすごく効率よく勉強できます・・・その分気合いが入りますが
TOEICテストマラソン
点数アップ即効性気合い効率レベル
全レベル対象
備考:アルクの教材。レベルに応じて教材が違う。いろいろな場所で勉強できるように配慮してあるのでお勧め!TOEIC対策の総合教材といったところ。
ヒアリングマラソン
点数アップ即効性気合い効率レベル
550点以上
備考:ヒアリングだけであるが長い目で見るとこれ以上良い教材はないかもしれない、継続してやるとビジネスで使えるレベルまで難なく到達できる。
家出のドリッピー
点数アップ即効性気合い効率レベル
400点以上
備考:話はたいして面白くないが物語がある分飽きにくくやるのに気合いもあまり必要ないため長い目で見るとヒアリング力はそこそこアップする。テキストに文法の説明、問題等もつくので勉強にもなる。TOEIC要教材ではないが管理人がやった経験がある有名教材なので紹介
スピードラーニング
点数アップ即効性気合い効率レベル
400点以上
備考:聞き流すだけですから気合いは全くいりません、しかも英語のみのCDが添付されることになった。電車通勤のサラリーマンなどには最適です。
マジックリスニング
点数アップ即効性気合い効率レベル
10全レベル対象
備考:即効で得点をアップさせたい人にはお勧めです。TOEICテスト直前などはお勧めですが 英語力の向上は残念ながらありません。

他に何かTOEIC対策の本でも探したい人は左のアマゾンもしくは楽天かなんかで探してください。試しにTOEICと打つと軽く1000を超える本が検索できます。ソフトウェアや電子学習書籍なんかもあります。アマゾンの良いところは批評が充実している点です。他人の評価を読んで自分に合いそうな参考書を探しましょう。本でもTOEICの点数が500以下ぐらいの人ならそこそこ点数を上げることができるでしょう。またTOEICの公式問題集(参考までに下に挙げておいた)や文法参考書はもっておいて損はないと思います。