南三陸町ひころの里 本文へジャンプ

松笠屋敷(まつかさやしき)母屋


 町の文化財に指定されている、幕末郷士「須藤家」の居宅です。
 系譜によると、須藤家は平将門に代わって勢力を伸ばした平安中期の武将、藤原秀郷を遠祖とします。
 現在の母屋は、江戸後期の文化・文政時代に建設されたものを修復保存しました。
 在郷武士住宅と農民住宅がひとつになっている貴重な歴史的遺産として後世に伝承するとともに、各種交流の拠点施設、または研修の場として幅広く利用されています。
松笠屋敷母屋


ひころの里案内板 こいのぼり
ひころの里案内 こいのぼり 母屋いろり 神棚
ir

    Copyrightc 2011 Hikoronosato All rights reserved.