VOCALOID動画集

VOCALOIDは、YAMAHAが開発したシステムです。

人間の歌声をサンプリングしたデータベースと、音声合成エンジンを用いており、メロディーと歌詞を入力すると、まるで人間が歌っているかのような音声を合成することができます。

VOCALOIDは、クリプトン・フューチャー・メディアから発売された初音ミクのヒットにより、一躍有名になりました。

初音ミクが有名になったことで、以前発売されたMEIKOKAITOも脚光を浴びています。

MEIKOKAITOは、VOCALOIDの中では言わば先輩格なので、姉さん、兄さんと呼ばれています。

また2007年12月に発売された鏡音リン・レンも、早くも人気を集めています。

VOCALOIDがオールスターキャストで踊るアニメとしては、こんな動画が有名ですね。

元ネタは太郎さんの「男女」です。

馬鹿馬鹿しくも面白すぎです(^_^;)

男女男男女男女…と言うフレーズが耳にこびりついて離れません。

男女アニメですが、踊るだけでは飽き足らず、KAITO兄さんとレン君に歌わせてしまったのが次の動画です。

こうして聞いてみると、KAITO兄さんの声は多少柔らかすぎるのと若干明瞭さに欠けるのとで、どうも気合が足りず間抜けに感じ、レン君の方がずっと自然に聞こえます。

技術の進歩の目覚ましさを感じますね…

さらにはこんな動画も。

こちらはスウェーデンのグループ、Caramellが2001年にリリースしたアルバム「Supergott」の一曲目、Caramelldansenと言う曲が元ネタです。

この動画が発展して、こうなっちゃいました。

ところで上の動画でも分かるように、初音ミクネギが好き、KAITOアイスが好き、MEIKOワンカップが好き、鏡音リン・レンロードローラーが好きという設定(?)になっています。

これらの由来については、それぞれのVOCALOIDのページに解説しておきました。

ニコニコ動画でありとあらゆるキャラが踊って踊って踊りまくるCaramelldansenの振り付け、オリジナルはここから来ているそうです。

ニコニコ動画に初めてこの曲を使った動画が投稿されたのは意外と古く、2007年夏のことのようです。

「涼宮ハルヒの憂鬱」の登場人物たちがCaramelldansenに合わせてパラパラを踊るこの動画、動きと音楽に全く違和感がないですね!

Caramelldansen、一昔前のユーロビート風なのですが、明るいメロディーが妙に印象に残ります。

この曲は歌詞の一部が「ウッーウッーウマウマ」と聞こえると言うことで、すっかりそういう通称になっちゃってます。

初音ミクが「ウッーウッーウマウマ」と空耳歌詞で歌ってくれた動画がこちらです。

それにしてもスウェーデンって音楽の才能のある人が多いのでしょうか?

人口たった900万人の小国なのに、a-ha、Mejaなど世界的なミュージシャンがたくさん出ていますよね…

ねんどろいどで作ったVOCALOIDたちが総出演の動画もあります。

亞北ネル弱音ハクも出ていて、オールスターキャストです。

初音ミク鏡音リン・レンMEIKOKAITOの五人が一糸乱れぬダンスを見せているのに対し、弱音ハクはダンスも下手なようでみんなについて行けず、亞北ネルに至っては、踊る気さえないようです。

VOCALOID兄弟がバレンタインの日に一家団欒(?)していたら、やっぱり合唱になっちゃったみたいです(^_^)

関連商品

ブックマーク