インド旅行 情報・リンク集
TOP
カスタマイズに便利なツールを紹介インドTOP
インドへの行き方
  ・・・格安航空券
    ・
エアーインディア
    ・マレーシア航空
    ・タイ国際航空
    ・
日本航空
    ・シンガポール航空
    ・キャセイパシフィック航空
    ・チャイナエアライン
    ・中国国際航空
    ・中国東方航空
    ・大韓航空
    ・アシアナ航空
  ・・・海外ツアーはルックJTB
  ・・・オプショナルツアー
  ・・・海外旅行傷害保険
  ・・・国際学生証
  ・・・ホテル
インド基本情報
  ・・・基本の基
  ・・・地図
  ・・・政府観光局
  ・・・ビザ情報
  ・・・お金と両替

  ・・・国際電話のかけ方
  ・・・祝祭日
  ・・・あったら便利旅行用持物

インド空港情報
  ・・・入国審査
  ・・・免税
  ・・・空港案内&市内へ
    ・・・デリー空港
    ・到着時のトラブル防止法
    ・・・ムンバイ空港
    ・・・チェンナイ空港
    ・・・カルカッタ空港
    ・・・バンガロール空港

インド鉄道時刻表
お勧め本
インドその他
  ・・・都市情報
  ・・・列車情報
  ・・・バス情報
  ・・・国内線飛行機情報
インドヘルプ
JTBスタッフに相談
海外自由旅行のGTO!
空旅.COM
TOP
TOP
Indira Gandhi International (IGI) Airport

君たちはインド人に勝てるか!?
インド・デリー国際空港からホテルまでは、トラブル多発。
安い航空券のでている航空会社は、デリー発着が多いのでデリー空港から市内への移動を避けて通れない。トラブル集と、トラブル防止の実用的な提案をします。
なお、「やっぱり旅行はトラブルあって当然・・・」&「インド人と出来るだけ絡みたい・・・」という人は、読む必要なし。デリー空港から市内までを楽しみましょう!

トラブル集
まずは、主要なトラブルパターンを確認しましょう。
1. デリー国際空港到着(日本航空(17:30)〜中国東方航空(3:15)まで・・・時差は3時間半、日本時間にすると深夜から明け方にかけて到着する。
※インド到着便は、何故か深夜到着便が多い。夜着以外は無い。これも空港待機怪しいインド人の既得権益の圧力では無いかとナビゲーターは思う。
例)エアインディア(21:00)、マレーシア航空(21:50)、シンガポール航空(22:00)、中国国際航空(01:45)、チャイナエアライン(02:30)、キャセイパシフィック(02:30)、中国東方航空(03:15)
↓
2. 深夜到着して、一刻も早く市内へ向かいホテルで休みたいと思い、エアポートバス、市バスが深夜運行していないのでプリペイドタクシーで市内へ向かう
↓
3. 必ず、「がばめんと とらべる(トラブル)えーじぇんと」に連れて行かれる
↓
4. インド人の話術&長時間軟禁&時差3時間半の魔力に根負け、お値打ちな(法外な)ツアーやホテルを予約させられる。現金を持っていなくて断ってもも無駄。カード・T/Cで支払いされちゃいます。
***外務省海外安全ホームページより転記***
(2)観光旅行者向けの注意事項
 (イ)悪質な旅行会社、タクシーへの注意
    空港やデリー駅に着いた観光客に声をかけ、自分の知り合いの悪徳
   旅行社へ連れて行き、法外な値段でツアーを組み込ませる被害が発生
   しています。空港のプリペイド・タクシーは、これらに比べれば安全
   といえますが、追加的に料金を要求するドライバーもいるため注意が
   必要です。空港や駅などからの車は、ホテルのハイヤーを予約する、
   インド政府観光局に申し込む、現地受入先がある場合はあらかじめ依
   頼するなどの方法をおすすめします。
    また、ツアーの契約を結ぶ場合は、一流ホテル等の紹介による信頼
   のおける旅行社をおすすすめしますが、旅行日程表、見積書を作成さ
   せ、契約書にサインする前には内容を十分確認するとともに、必ず領
   収書を取るようにしてください。
    (契約金額に疑問があったり、領収書の発行を渋るような業者とは
   絶対に契約しないでください。)
ホテルを日本から予約してても「倒産した」「予約で満室」「今日は祝日で休み」「爆発した(笑)」など、なかなか目的地(予約済みのホテル)に到着できません
↓
5. 開放されるのは契約・支払いしてから。ごゆっくり格安宿が集まる「メインバザール(パハルガンジ)」までお送りするのでゆっくりお休みください。

※ちなみに、海外旅行傷害保険は適応になりません。なぜなら、本人が納得して(疲れて)契約を結んだ事になっているからです。だから、「がばめんとすとあ」は領収書も出しません。
※ちなみにお金で済むと思ったら大間違いで、「トレッキングに行こう!」「ヒマラヤを見よう!」などと、まだ紛争の火種くすぶるカシミール地方のボートハウスに日本大使館とは連絡が取れないように軟禁されたり、空港から電話をかけれないように、脅されるので実際に身辺にも危険が及びます。


そこでお勧めトラブルルート回避方法
絶対にお勧めの方法です。
君たちはインド人に勝てるか!?
ホテルと送迎(車手配・ハイヤー)を日本で予約しましょう。
時差3時間半のインド、到着時は日本時間で午後9時から明け方7時前、家を出てからの移動時間は24時間を越えることも考えられます。。入国検査・両替と緊張しまくりのデリー空港で意識も朦朧としているにもかかわらず、インド人と仲良くけんかして♪なんて気分には慣れません。到着時に迎えの車がいたら安心です。トラブルを考えれば1人でも2人でも6000円ほどで安心を買えます。安いものです。
手配は簡単。日本で
ホテル送迎を頼めば良いのです。
ホテル
(2人部屋)
アジャンタホテル(AJANTA Hotel)
(メインバザール徒歩圏内の格安ホテル)
\2,400
↓
送迎
2人まで
現地係員による空港から市内への送迎(専用車)
オクトパストラベル手配(英語)
現地係員がネームボードを持って待っています。
念の為に予約確認書を見せる前に自分の泊まるホテルの情報を知っているかどうかで、本物運転手かをご確認ください。
\2,800
※もし高いとお思いの方がいらっしゃる場合は、トラブルに会った方が高くつく事を思い出してください。
※送迎を予約しないと1泊目のホテルを予約した
意味がありません。ホテルに着けないのですから。。。
※2人以上で利用する場合は、基本的に一人当たりは上記料金の半額になります。 空港近くのホテル

君たちはインド人に勝てるか!?
無駄なお金は無い、使いたくない。または、後、数時間待てば朝という方は、入国検査を受けた後のターンテーブル(名づけてSLEEPING AREA)のある所で朝までがんばりましょう。ちなみに待てば、後から後から日本人の個人旅行者が到着するでしょう。旅慣れてそうな人がいたら一緒に市内に行きましょう。不安そうな人がいたら、仲間に引き込みましょう。そして、朝になったら、エアポートバス(コーチ)にてニューデリー駅まで公共交通機関で移動します。朝になるとインド人の凄み・勢いもかなり減ります。
Copyright(C)2007-2009 インドナビゲーター 情報リンク集