インド旅行 情報・リンク集
TOP
カスタマイズに便利なツールを紹介インドTOP
インドへの行き方
  ・・・格安航空券
    ・
エアーインディア
    ・マレーシア航空
    ・タイ国際航空
    ・
日本航空
    ・シンガポール航空
    ・キャセイパシフィック航空
    ・チャイナエアライン
    ・中国国際航空
    ・中国東方航空
    ・大韓航空
    ・アシアナ航空
  ・・・海外ツアーはルックJTB
  ・・・オプショナルツアー
  ・・・海外旅行傷害保険
  ・・・国際学生証
  ・・・ホテル
インド基本情報
  ・・・基本の基
  ・・・地図
  ・・・政府観光局
  ・・・ビザ情報
  ・・・お金と両替

  ・・・国際電話のかけ方
  ・・・祝祭日
  ・・・あったら便利旅行用持物

インド空港情報
  ・・・入国審査
  ・・・免税
  ・・・空港案内&市内へ
    ・・・デリー空港
    ・到着時のトラブル防止法
    ・・・ムンバイ空港
    ・・・チェンナイ空港
    ・・・カルカッタ空港
    ・・・バンガロール空港

インド鉄道時刻表
お勧め本
インドその他
  ・・・都市情報
  ・・・列車情報
  ・・・バス情報
  ・・・国内線飛行機情報
インドヘルプ
JTBスタッフに相談
海外自由旅行のGTO!
空旅.COM
TOP
保険には必ず加入しましょう
保険に入る理由:
一番は、万が一、死んだときに、親類に迷惑をかけないように死亡保険金
(これ重要)
二番目に重要なのは、やっぱり病気・怪我の時の治療費
携行品入っておけば、パスポート紛失・盗難にも安心。
行方不明になっても、救援者費用で探してもらえるかも。
何か迷惑かけても、賠償責任で任せて安心。

上の用語の説明です。
死亡保険・・・ 傷害(怪我)と疾病(病気)の2つがあります。
海外旅行傷害保険ですので、傷害死亡保険金は除けません。
病気で死ぬことは無いだろうと考える場合は、疾病死亡を除きましょう
治療費用・・・ 病気・怪我の時に治療・入院・緊急移送費用など全般的に面倒を見てくれます。
しかし、傷害(怪我)と疾病(病気)の2つに分かれています。
インドを旅行する場合は、交通事故・伝染病などもあります。少し多めにかけましょう。
携行品・・・ パスポートを紛失・盗難にあった場合は、発給手数料、近くの在外公館までの交通費に加えなんと、ホテル代金まで保険金でカバーできます。
次に何といっても、カメラなどが壊れた(破損)、盗難の場合も出ます。
救援者・・・ パスポートを紛失・盗難にあった場合は、発給手数料、近くの在外公館までの交通費に加えなんと、ホテル代金まで保険金でカバーできます。
次に何といっても、カメラなどが壊れた(破損)、盗難の場合も出ます。
賠償責任・・・ 人に怪我を負わせたり、他人の者を壊したり、要するに他人に迷惑をかけて、賠償責任(法律上)を負ったときには保険がでます。掛け金が安いので入りましょう
※各特約ともに支払いできない場合もありますので必ず各保険会社に確認してください。

3ヶ月以内の保険は、フリープラン(バラがけ)が確実にお得です。

上を踏まえてのお勧め保険です。あくまでナビゲーター個人的な意見です。
30日間旅行することを前提にします。カード付帯保険はだいたい最長3ヶ月です。
保険会社の30日間有効保険+クレジットカード付帯の保険の組み合わせで入ります。
クレジットカードはナビゲーターの所持しているカード(シティカード クリアカード)で試算しました。
保険会社保険金額 保険料 カード付帯保険金額 合計保険金額
傷害死亡保険 200万円 180円 1000万円 1200万円
疾病死亡保険 200万円 120円 なし 200万円
傷害治療費用 200万円 1100円 100万円 300万円
疾病治療費用 200万円 3050円 100万円 300万円
救援者費用 100万円 720円 50万円 150万円
賠償責任 1000万円 40円 なし 1000万円
携行品損害 なし 0円 30万円 30万円
合計金額 5,210円
保険を利用するときには、基本的には、保険会社の保険を利用します。保険金額を超える治療費用等が発生した際には、カード付帯の保険を使います。なぜなら、カード付帯の保険は一度支払い、帰国後に保険金がでるところがほとんどです。しかし、保険会社は、キャッシュレスと言って提携の病院に行けば、支払うことがありません。
また、万が一亡くなった場合も専門の方が、遺族の面倒(ある意味、遺体受け取りコンサルティングのような仕事)を代わりに全てやってくれるので迷惑をかけません。すぐに現地に行く場合は、パスポートを外務省に申請して緊急発給したり、航空券、ホテル等の手配をしてくれます。死んでまで迷惑をかけないようにしましょう。


詳しくは、やっぱり保険会社に聞きましょう。
まずはフリープラン(バラがけ)も含めて複数社から資料請求して見積もりしてみましょう
保険会社はいくつかあります。代理店もたくさんあります。一部を紹介します。()内が代理店です。
↓↓フリープランには代理店を通して加入します。資料請求は無料です。まずは資料請求から。↓↓

エース損害保険
(エスティアイ)
AIU保険
(エスティアイ)

クレジットカードの案内(シティカード)年会費無料&オンライン受付  
保険付いてます。利用開始は旅行開始後、公共交通機関の支払いしてからです。日本でJR等の支払いをカードでするようにしましょう。そこから開始されます。年会費も永久無料です。詳しくは↓(年会費無料がいいですね。お勧めです!)
シティ クリアカード
Copyright(C)2007-2009 インドナビゲーター 情報リンク集