インド旅行 情報・リンク集
TOP
カスタマイズに便利なツールを紹介インドTOP
インドへの行き方
  ・・・格安航空券
    ・
エアーインディア
    ・マレーシア航空
    ・タイ国際航空
    ・
日本航空
    ・シンガポール航空
    ・キャセイパシフィック航空
    ・チャイナエアライン
    ・中国国際航空
    ・中国東方航空
    ・大韓航空
    ・アシアナ航空
  ・・・海外ツアーはルックJTB
  ・・・オプショナルツアー
  ・・・海外旅行傷害保険
  ・・・国際学生証
  ・・・ホテル
インド基本情報
  ・・・基本の基
  ・・・地図
  ・・・政府観光局
  ・・・ビザ情報
  ・・・お金と両替

  ・・・国際電話のかけ方
  ・・・祝祭日
  ・・・あったら便利旅行用持物

インド空港情報
  ・・・入国審査
  ・・・免税
  ・・・空港案内&市内へ
    ・・・デリー空港
    ・到着時のトラブル防止法
    ・・・ムンバイ空港
    ・・・チェンナイ空港
    ・・・カルカッタ空港
    ・・・バンガロール空港

インド鉄道時刻表
お勧め本
インドその他
  ・・・都市情報
  ・・・列車情報
  ・・・バス情報
  ・・・国内線飛行機情報
インドヘルプ
JTBスタッフに相談
海外自由旅行のGTO!
空旅.COM
TOP
TOP
お勧めガイドブック
地球の歩き方「インド」
:内容・お勧めポイント
ご存知、地球の歩き方シリーズです。
【ビジュアル・ガイド】・・・各観光地の特集記事がカラーで載っています。
【旅の準備と技術編】・・・予算、ルート作りなど
【北インドのおもな見どころ】・・・観光地案内(デリー、アーグラなど)
【東インドのおもな見どころ】・・・観光地案内(コルカタ、ブッダカヤなど)
【西インドのおもな見どころ】・・・観光地案内(ムンバイ、エローラなど)
【南インドのおもな見どころ】・・・観光地案内(ムンバイ、ゴアなど)
等が載っています。
:一言お勧めポイント
地球の歩き方は、バックパッカー・個人旅行者向けでは無くなっているとの批判もありますが、インド編は少し違います。使ってみてインド、ヨーロッパ編は、利用価値あります。メインバザール詳細地図などの情報もあります。鉄道の簡単な時刻表もあります。
新ゴーゴーインド 
:内容・お勧めポイント
旅行人発行人兼編集長の蔵前仁一 さんが書いた、ベストセラー本、インド案内図/インドじゃ!/イミグレーション/恐怖の肝炎/政府公認麻薬店/聖なる動物・牛(1)/ルピー/チャイ−インドの庶民飲料/カースト制度/ザ・リキシャマン(1)/ノー・プロプレム/乞食そのテクニック/闇両替屋/酷暑−インドの夏/インドの旅人/トイレ学/サードゥーたち/乞食/カルカッタの乞食/インド名物ウンコの話/酒/インドの祭など興味をそそる内容目白押し。
:一言お勧めポイント
ガイドブックとは思えない、インドを旅行する時の一番興味のあるグレーな部分についても記載があり、インドを旅行する際の参考本としては、是非、読んでほしいです。もしかすると、情報が古くなっているところもあるのでガイドブックより読み物として考えるほうが良いかもしれません。どちらにしてもです。
Lonely Planet India
:内容・お勧めポイント
旅行ガイドブックでは世界で一番のガイドブックです。
地球の歩き方と違い、小さな街の情報がたくさん載っています。特に、格安の宿・地図などは詳細に記載があり、南インドを周遊するかたには、地球の歩き方より便利です。他にも地域を絞ったものもあります。
Lonely Planet South India 南インド
Lonely Planet Goa  ゴア♪ゴア♪
Lonely Planet Best of Mumbai ムンバイ
Lonely Planet Hindi, Urdu & Bengali 東インド
Lonely Planet Rajasthan, Delhi & Agra デリー・アーグラ
:一言お勧めポイント
英語ですが、地図、宿情報を見るのに難しい英語は必要ありません。南インド版は使えます。お勧めです。しかし、地球の歩き方と2冊も持っていくと、それだけで筋トレができてしまうぐらいの重さになるので注意が必要です。

インドに行くとき(行く前)のお勧め読み本
河童の覗いたインド
:一言お勧めポイント
僕の一番のお勧め本です。妹尾河童さんの見たまんま、まさにスケッチブックです。河童さんの興味のあるところが精密なスケッチで書かれています。何と、文字も河童さんの直筆で書かれていて、筆者の気持ちまで伝わってきそうです。もちろん、遺跡(タージマハル・アジャンタ・エローラ遺跡)などインド旅行にも必ず役に立ちます。インドに興味のない方も是非、読んでみてください。
ちなみに僕も、インドを旅行したときに、泊まった部屋の上から見たスケッチを試してみましたが、今見てもその時の部屋が思い出されます。他にも「河童の覗いた・・・」シリーズがあり、旅行好きならヨーロッパは是非とも読んで下さい。買って、損のない本です。お勧めです。
しかしながら、情報は少し古いので読み物として楽しみながら読んで下さい。
インドでわしも考えた
:一言お勧めポイント
インドで考えたこと:堀田 善衞 の書いた本を椎名 誠がインドに行ってわしも考えたと出した本です。実際、「インドで考えたこと」より有名になってますが、あきさせない書き方で、読んでいてもあきません。インドの乞食、お土産屋の話、などを含んで椎名誠さんから見たインドがちゃんとあって、紀行文としてお勧めです。
実際のインド旅行には使えないかもしれませんが、行く前、行く途中の飛行機の中などで時間つぶしと、現地で本の交換をする時は、かなりの良い条件で換えれそうです。
深夜特急インドネパール
:一言お勧めポイント
ドラマなどでご存知かもしれませんが、インドに初めて行く人、バックパッカーデビューの人には是非、お勧めの本です。長期旅行中の沢木耕太郎がようやくスタート地点のインド・デリーに着くまでのインドでのカルチャーショック、インドの最下層の人とのふれあいの中で、自分に対して自由になっていく様子が書かれています。
バックパッカーを始める方は、
深夜特急〈1〉香港・マカオ
深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール
深夜特急〈4〉シルクロード
深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海
とインド・ネパール以外にもありますので、どうぞ旅を始める1巻からヨーロッパを旅行して長旅の終わりまで、沢木耕太郎のノンフィクション旅行を読んで下さい。
なんでも見てやろう
:一言お勧めポイント
はっきり言って古い本です。しかし、本の題名からして気に入っています。『何でもみてやろう!』と筆者(小田実)の意気込みが伝わってきます。まだ、海外旅行などできなかった時代のベストセラー小説です。様々な苦境に陥っても「何でも見てやろう」の気持ちで貧乏旅行を続けることこそ目指したい方向です。
僕も、学生時代に大学図書館のハードカバーの本を読み、若い頃に「何でも見てやろう」=「人生の経験値」と思い、様々な旅行しました。
「なんでも見てやろう」、挑戦的で僕の好きな言葉です。
インド旅行記
:一言お勧めポイント
かなり期待をして見たのですが、バックパッカー希望の方には不要かもしれません。しかし、知らないインド(エステ・ガイド付きのオプショナル)など。。。
しかし、筆者を知らない人も映画『電車男』でエルメス役の人です。
セレブなインド旅行を考えている方には、お勧めです。
インド旅行記〈2〉南インド編
インド旅行記〈3〉東・西インド編
が続編であります。
Copyright(C)2007-2009 インドナビゲーター 情報リンク集