k.u.h.aa

20160101

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

20151123

二宮のI邸の解体工事が始まったようです。

もともと7月ぐらいには解体をするという話の中でスタートした調査だったので、

残念ではありますが、

記録として残せて良かったと思っています。

 

20151114

目黒のH邸が完成しました。

これからこの場所で素敵な思い出がたくさん出来たらいいなぁと思います。

 

20150715

昨年末よりすすめていた目黒のH邸のリフォーム工事が始まりました。

 

20150523

【team1010】:チーム セントウ

1月の中頃、二宮を散策中に偶然お会いしたI邸の調査に行ってきました。

I邸は国道沿いに建つ、洋館付きの木造二階建て住宅で、

昭和11年に建造され、戦争に向かう不況の中でも、

大規模な家屋の普請がなされた、往時の二宮を知る上で

とても重要な建物です。

今回、たくさんの偶然が重なって、

二宮町教育委員会、戦時下の二宮を記録する会

の皆さんと一緒に調査をする事になり、

最終的には調査記録としてまとめる事になりました。

 

20150221

先日お伝えしました、〈ヘリテージマネージャー〉についてですが、

養成講座をともに受けたメンバーで

【team1010】:チーム セントウ

を結成しました。

これから少しずつ、活動の場を広げていければよいなぁと思っています。

 

20150214

先日お伝えしました、〈ヘリテージマネージャー〉について、

さて、何をする者、または、何をしたい者

なのか。。。個人的な見解にはなりますが、

ひとつには、

有名・無名を問わず、地域に根ざした・地域とともに歴史を刻んできた建物が、

何の歴史も語られることなく壊されていくのではなく、

そこに住んでいた・生活していた人たちの記憶と建物の記憶、

あるいは、建物の歴史と地域の歴史をともに後世へ伝えていける

そんなお手伝いが出来ればいいなぁと考えています。

ただ壊されてしまうのであれば、そこに残るものは何もありません。

記憶もいつかは途絶えていきます。

壊される運命は変えられないとしても、

何かのカタチで残せるのならば、残していきたい。

そんな中でもし可能であるならば、建物が壊されることなく

地域の、そして未来の子どもたちへの

記憶の伝承物になれればすばらしい事だと思っています。

 

建物を維持管理していくことは、とても大変なことですし、

我々建築を生業とするものが、個人の指物で

「この建物はすばらしい、絶対に残さなければダメだ」

と言っているだけでは、何も始まりません。

(言わないよりは言うことに意味があるとは思いますが。。。。)

 

建物を残していく方法を考える・探すという中で、

建物を活用しながら保存するという文化庁の〈登録制度〉、

【登録有形文化財】として登録するという事も

選択肢のひとつであると考えています。

そのお手伝いも、これからはやっていきたいです。

 

登録有形文化財建造物は、

住宅・事務所・社寺などはもちろん、橋・水門・トンネル・煙突など

幅広く数多くの建造物を対象としていて、

建築後50年を経過した建造物が基準となっています。

 

20150131

神奈川県の

「邸園(歴史的建造物)保全活用推進員〈ヘリテージマネージャー〉」

に登録されました。

 

〈ヘリテージマネージャー〉という名称は、

残念ながら一般的に知られていないと思うのですが、

邸園や歴史的建造物の保全活用への助言や

            創造的活用を核とした地域づくりを推進すること]

を目的として、平成21年度から平成26年度まで神奈川県主催で養成講座が実施され、

養成講座を修了した者が、神奈川県に登録されています。

 

20150101

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

20140512

藤沢市善行地区郷土づくり推進会議委員の委嘱式および

第1回善行地区郷土づくり推進会議定例会に参加してきました。

藤沢市長より委嘱状を受け、その後、市長と意見交換を行いました。

 

20140324

藤沢市善行地区郷土づくり推進会議委員に選ばれました。

任期は2年ですが、自分の住む街の未来に何か力添え出来ればと思っています。

 

20140303

ちょっと建築とは関係のない話なのですが。。。

東京にある水天宮で妊娠五ヶ月の戌の日にいただいた「御子守帯(みすゞおび)」。

いわゆる妊婦のお腹に巻く腹帯です。

無事に出産を終え、お礼参りの際に水天宮へ腹帯をお返しすることも出来ますが、

我が家では出産後、腹帯を再活用して赤ちゃんの肌着や服を作っています。

今回も腹帯をリノベーション(再利用)しました。

ご興味があれば、是非ご連絡ください。

左記の「腹帯リノベ」をクリックしていただくと画像が見れます。

 

20140101

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

20131129

Works_Re+signにF+Sを追加しました。

 

20130914

BSフジ Table of Dreams〜夢の食卓〜「人生を豊かにする住まいと食卓」

が放送されました。

 

20130901

アルテックの阿部勤さんの自邸「中心のある家」にて、

BSフジ毎週土曜22:30〜放送のTable of Dreamsという番組の撮影に参加してきました。

2013年9月14日に放送予定です。

左記の「中心のある家」をクリックしていただくと画像が見れます。

 

20130815

日本工業出版の「住まいとでんき」2013年9月号 特集:住まいとひかりに

「RC-S」〜ともに暮らす家 都市型二世帯住宅のひかりの作法

という題名で、掲載されました。

 

20130808

works_Re+signにIZYを追加しました。

 

20071031

神奈川建築コンクールの表彰式が神奈川県庁で行われ、コンクールの住宅部門で

「38-I」が優秀賞に選ばれました。

神奈川建築コンクールは、神奈川県と12市が主催しており、

今回で52回目となる歴史のある賞です。

この賞は、建築主と施工者と設計者の3者がともに表彰されることに特徴があり、

私にとって独立して最初の住宅がこのような賞をいただけたことを

本当にうれしく思います。

これもこの建物に関わっていただいた皆さんのおかげだと思っております。

本当にありがとうございました。

 

神奈川県建築士事務所協会賞を「38-I」でいただきました。

本当にありがとうございました。

N e w s
W o r k s
P r o j e
P r o c e
P r o f i
C o n t a
「腹帯リノベ」
「中心のある家」
「38-I 住宅部門優秀賞」

Copyright(C)2007 k.u.h.aa , All Right Reserved

k.u.h.aa W o r k s P r o j e P r o c e P r o f i C o n t a 「38-I 住宅部門優秀賞」 「38-I 住宅部門優秀賞」