カラーアイについて

このページはカラーアイについて私なりの意見を書いたものです。
カラーアイと言ってすぐに思い浮かべるのが「ホワイトアイ」ではないでしょうか?
元木ホワイトアイと言えば、一世を風靡した人気オオクワガタで、私も持っていますが発売当初は高価で手が出ず、5年程前に購入しました。
その元木ホワイトアイも管理人飼育下では、累代を重ねるごとに「赤」っぽくなってきました。
一方、世間では「レッドアイ」の人気が高まり高額な「レッドアイオオクワガタ」が取引されるようになってきました。
管理人宅では昨年も「レッド」系の元木ホワイトアイが数頭羽化して、オークションで販売しました。
しかし、良く考えると「ホワイト」が出なくなってきた事実を見ると、むしろ「ホワイトアイ」の方が貴重のような気がしますが、私だけでしょうか?
ホワイトアイを累代しても赤くなる「目」。
今は「レッド」に人気がありますが、もしかするとこの先「ホワイト」のほうが貴重になってしまうような気がします。

これから紹介するのは管理人が持っている「カラーアイ」オオクワガタです。
先に記述しましたが純な「ホワイト」は少なく、赤系の「ホワイトアイ」、シールドさん発の「レッドアイ」を紹介します。

写真は全て2009年3月29日 午後3時頃 自宅庭でやわらかい直射日光の下で撮影しました。
画像処理は一切していない状態です。


シールドさんから幼虫で購入し羽化したメスの「昴 スーパーレッドアイ」です。
「スーパー」と名が付くだけあって確かに綺麗な赤目です。
私が持っている赤目血統では一番「赤み」が強いですね。
余談ですが値段も一番高いです! (^^;;


   

1シールドさんからは、孫受けとなる「輝 レッドアイ」のオス、メスです。
目の色は、ほぼ写真の通りで、昴より若干、赤みが薄いです。
「目」全体に色が着いていて、綺麗ですよ!


   

元木ホワイトアイの赤目血統です。
赤みは輝 レッドアイとあまり変わりないですが「目」の輪郭がやや白いです。
輝 レッドアイは薄い赤色ですが「目」全体が着色されている感じです。


今回ちょっと凄い元木ホワイトアイが出てきました。
もうホワイトアイの欠片など、何処にもないレッドアイです。
輝レッドアイと比べても遜色無い、綺麗な赤目をしています。