UNIX入門 > Linuxコマンド一覧 > chgrp

chgrp ファイルやディレクトリの所属グループを変更


コマンドの機能

ファイルやディレクトリの所属グループを変更します。変更を行えるのは、そのファイルの所有者または管理者だけです。

コマンドの書式([]は省略可)

chgrp [-cfhvR] グループ ファイル

コマンドのオプション

-c 所属グループが変更されたファイルのみ詳細に表示します。
-f 所属グループを変更できなかった場合にもエラーメッセージを表示しません。
-h シンボリックリンクを変更する場合、そのリンク自身の所属グループを変更します。デフォルトではリンク先のファイルの所属グループが変更されます。
-v 経過を表示します。
-R ディレクトリとその中のファイルを再帰的に変更します。
グループ 変更する所属グループを指定します。
ファイル 変更するファイルを指定します。


コマンドの使用例

# chgrp grp01 file1 「file1」の所属グループを「grp01」に変更します。
# chgrp grp01 file2 file3 「file2」と「file3」の所属グループを「grp01」に変更します。


関連するコマンド

chmod chown    

戻る