UNIX入門 > Linuxコマンド一覧 > tar

tar アーカイブの作成/復元


コマンドの機能

「.tar」形式のアーカイブを作成(復元)します。アーカイブ作成時にディレクトリを指定した場合には、再帰的にサブディレクトリやその内部のファイルも格納されます。また、「-」はコマンドのオプションを示すおなじみの記号ですが、「tar」では省略することが可能です。

コマンドの書式([]は省略可)

tar [-] [cdrtuxA] [fhkmpvzZ] ファイル

コマンドのオプション

<メインオプション>
主たる機能を指定するオプションです。下記のいずれかのオプションを指定する必要があります。
c 新しいアーカイブを作成します。
d アーカイブの内容とディレクトリを比較します。
r アーカイブの最後にファイルを追加します。
t アーカイブの内容を一覧表示します。
u 同名ファイルの場合、新しいファイルのみ追加します。
x アーカイブからファイルを取り出します。
A アーカイブにファイルを追加します。

<サブ・オプション>
メイン・オプションの動作を修正補足するオプションです。
f アーカイブ名 指定されたアーカイブファイル名を使用します。
h シンボリックリンクではなく、その実体であるファイルを対象とします。
k アーカイブから取り出したファイルと同名のファイルが存在する場合、上書きしません。
m ファイルを取り出した際、ファイルの更新時間を取り出した時間にします。
p ファイル名を絶対パスのままにします。
v 処理経過を表示します。
z 圧縮フィルターとして「gzip」を使用します。
Z 圧縮フィルターとして「compress」を使用します。

ファイル 操作するファイル、またはディレクトリを指定します。


コマンドの使用例

$ tar cvf wrk_dir.tar /wrk アーカイブ「wrk_dir.tar」を新規作成し、「/wrk」ディレクトリ以下をアーカイブに格納します。処理経過も表示します。
$ tar xvf wrk_dir.tar アーカイブ「wrk_dir.tar」から、すべてのファイルを取り出します。処理経過も表示します。


関連するコマンド

compress gzip    

戻る