家庭の電気学
■ 電気の豆知識コラム
■ よくある質問
■ 節電サポート
トップ  家庭の電気学


節電サポート
 電を考えるにあたり、自宅の電気がどれくらい使われているのか調べましょう。
 電化製品には、消費電力が表示されていますので、確認して見てください。自宅の電気がどのように使われているのか把握することで、節電出来るもの・出来無いものが解かってくると思います。

 電製品などは年々省エネ化されていますので、古くなった家電製品は徐々に新しいものに買い替えをお勧めします。
 よく、冷蔵庫などはせっかく新しい省エネタイプを購入しても小屋などに古い冷蔵庫を捨てずに使用している場合がありますが思い切って捨てるのも節電の一つだと思います。

 内の照明についてはLED照明に交換することで節電することができます。
 一度に家中の照明を交換すると結構な金額になると思います。まずは点灯時間の長い部屋から順次、交換していくことをお勧めします。

 般家庭の待機電力は全体の10%ぐらいといわれています。使用していないときはこまめにコンセントからプラグを抜くようにすることをお勧めします。抜くのが煩わしい方はスイッチ付のOAタップなどがあります。ただOAタップの電気容量をご確認してからご使用してください。

 家の方は三相機器を農繁期以外にも使うことがあると思いますが低圧電力の基本料金は一か月の使用量が0kw/hであれば約半額になります。農繁期以外はメインブレーカーを下げておくことをお勧めします。
■会社情報

■事業内容

■家庭の電気学

■社会貢献

■サイト情報