桂米朝一門とは、重要無形文化財保持者いわゆる人間国宝であり、
上方落語の復興に尽力してきた「三代目 桂米朝」を師と仰ぐ落語家の一派です。

桂雀太はこの一門の中で一番の若手という大役を務めております。

    〜 桂 雀太は米朝一門のこんな位置にいてます 〜

米團治†┬米之助†
    ├米 朝 ─┬米 紫†
    └米治郎  ├月亭可朝─┬八 方 ─┬遊 方
          │     ├ハッピー ├八 天
          │     └ハッチ  ├連 方
          │     ┌音 也† └八 光
          ├枝 雀†─┼南 光 ──こごろう
          │     ├雀三郎 ─┬雀 喜
          │     ├雀 松  ├雀五郎
          │     ├雀 々  └雀 太
          │     ├九 雀
          │     ├文 我 ──まん我
          │     ├む 雀
          │     └紅 雀
          ├ざこば ─┬都 丸 ─┬都んぼ
          │     ├喜 丸† └さん都
          │     ├出 丸
          │     ├わかば
          ├朝太郎  ├ひろば
          ├米 蔵  └ちょうば
          ├歌之助†──歌々志
          ├小 米
          ├米太郎†
          ├米 輔  ┌あさ吉
          ├吉 朝†─┼吉 弥
          ├千 朝  ├よね吉
          ├米 八  ├しん吉
          ├米 二 ┐├吉 坊
          ├小米朝 │├佐ん吉
          ├勢 朝 │└吉の丞
          ├米 平 └─二 乗
          ├米 裕
          ├米 左
          ├団 朝
          ├宗 助
          └すずめ   ※†印は故人