癒しの小鳥たちA
癒しの小鳥たち♪TOP > フォトギャラリー【錦華鳥編】 No.1
癒しの小鳥たち♪MENU

コラム&こらむ♪


フォトギャラリー

【セキセイインコ】

【十 姉 妹】

【錦 華 鳥】

【飼 育 環 境】

【動 物・自 然】

【 植   物 】


画像付き掲示板

リンク集

管理人プロフィール







 フォトギャラリー  【錦華鳥編】 No.1
カメラ お気に入り画像 カメラ
錦華鳥編 錦華鳥編 錦華鳥編
錦華鳥編 錦華鳥編
錦華鳥編 錦華鳥編
錦華鳥編 錦華鳥編
錦華鳥編 錦華鳥編


錦華鳥 紹介
錦華鳥編


    オールオレンジ(イザベル)ペア
遺伝子的に表記すると、OB・BB・BF・FISとなります。
OB→オレンジブレスト、BB→ブラックブレスト、
BF→ブラックフェイス、FIS→フォーンイザベル
オールオレンジは固定品種ではないので、オール同士ペアにしてもオールが生まれるとは限りません。
特にメスの場合、外見だけではどんな遺伝子を保有してるか解りづらい事が多いです。
錦華鳥編

     オールオレンジ(イザベル)♂
オールオレンジは雛換羽が終わって完全に色あがりするまで他の品種より日数がかかりますが、次第に綺麗になっていく様子を観察するのも楽しみの一つです。
FISというのは、常染色体上の劣性遺伝であるイザベル遺伝子と、劣性(グレーに対して)の伴性遺伝であるフォーン遺伝子が結合し発現したものです。
錦華鳥編
上の画像の兄弟鳥です。腹部のオレンジ発色はほぼ完璧で、体格もかなり良い個体です。
イザベルオールになる遺伝的要件として、OB遺伝子、BB遺伝子(共に常染色体上の劣性遺伝)がホモ接合(2個づつ揃った状態)である上に、BF遺伝子(常染色体上の優性遺伝)が乗り、更にIS遺伝子(常染色体上の劣性遺伝)もしくはFF遺伝子(常染色体上の不完全優性)がホモ接合していなければなりません。

錦華鳥編

オレンジブレステッド・ブラックブレステッド・イザベル♂

IS(イザベル)には、明るい羽色をしたFIS(フォーンイザベル)と、グレー掛かったGIS(グレーイザベル)があります。ヨーロッパが発祥です。
また、これとよく似た品種であるアメリカ発祥のフロリダファンシー(FF)は、これまでFISと特に区別される事なくイザベルに分類されていましたが、最近になって全く別のものである事が判明したそうです。
錦華鳥編


オレンジブレステッド・ブラックブレステッド・イザベル♀

イザベルのメスの場合、BF遺伝子を保有してるかどうか外見からでは判別しにくい場合があります。
またBF遺伝子は優性ですが、致死遺伝子の働きでホモの個体は通常生まれてきません。オールオレンジの量産が出来難い理由の一つはそこにあります
錦華鳥編

            白錦華鳥

全身ほぼ真っ白でクチバシだけが赤い品種です。
清楚で可愛い品種ですが、雌雄の判別が多品種と比べて難しいです。
一般的に成鳥になるとメスよりオスの方がクチバシの色が濃くなります。
錦華鳥編

   
   ペンギン錦華鳥(右側♂左側♀)

その名の通り、まるでペンギンのような可愛い顔をしています。他の品種に比べて体型はやや小型のものが多いですが、その愛らしい姿はまさに癒し系の代表種です。
錦華鳥編

昔、錦華鳥は自育しない鳥の代表種で、繁殖させるためには仮母の十姉妹が数ペア必要でした。
ところが、最近の錦華鳥は非常に子育て上手の鳥が多く、逆に他のフィンチの仮母に使える程です。
うちの鳥たちも例に漏れずどの鳥も十姉妹より巣引き上手だと思います。
巣立ち後の雛は親がいじめない限り、クチバシが赤くなり始めるまで親と同居させます。
錦華鳥編


「錦華鳥は神経質な性格なので巣引き中は巣の中を覗いてはダメ!」とよく言われますが、それは孵化直後(約10日)だけ。雛がある程度成長すれば、巣を取り出して雛にリングを挿入しても全然大丈夫です。
キンカは体の割りに足が太いので、うちでは3mm径のものを使ってます。(十姉妹は2.75mm)
錦華鳥編


これがうちの「キンカ巣引き標準セット」です。
カゴは約40cm角、止まり木は「南天」の木に付け替えています。
以前は壷巣を使ってましたが、最近は三重県の山本氏考案の巣箱をメインに使ってます。この巣箱はそのままカゴの入り口から取り出せて大変便利で経済的です。(HOEIは不可)
若干小さい気もしますが、出し入れするにはギリギリの大きさで中々のスグレ物だと思います。
錦華鳥編


      パーフェクトオレンジ?
この個体は背面のイザベル模様にまでかなりのオレンジの発色が見られ非常に綺麗な鳥でしたが・・・
まだ繁殖に使わないまま、生後半年ほどで突然死。
非常に残念です。
錦華鳥編

キンカ若鳥専用の追い込みです。
飼育部屋内で最も日当たりの良い場所に置いた小型禽舎(イタリア ファープラスト社製)を利用しています。
ここにいるキンカたちは、カゴ飼いとはまた違った面白い行動をいろいろ見せてくれるので長時間眺めていても飽きがきません。^^

ページTO↑
管理人Mail : prime-bird@y9.dion.ne.jp          
癒しの小鳥たちロゴ  「癒しの小鳥たち♪ 」の記載記事・画像などの無断転載を禁じます。 Copyright@ 「癒しの小鳥たち♪ 」 All right reserved