癒しの小鳥たちA
癒しの小鳥たち♪TOP > フォトギャラリー【動物・自然編】 No.1
癒しの小鳥たち♪MENU

コラム&こらむ♪


フォトギャラリー

【セキセイインコ】

【十 姉 妹】

【錦 華 鳥】

【飼 育 環 境】

【動 物・自 然】

【 植   物 】


画像付き掲示板

リンク集

管理人プロフィール







 フォトギャラリー  【動物・自然】 No.1
カメラ お気に入り画像 カメラ
動物・自然 動物・自然 動物・自然
動物・自然 動物・自然
動物・自然 動物・自然
動物・自然 動物・自然
動物・自然 動物・自然


画像 紹介
動物・自然

庭の山茶花の蜜を吸いにやってきたメジロ。このあたりでは毎年2月頃になると餌を求めて里へ降りてきます。
プロフィールにもあるように私の鳥飼い人生はこのメジロが出発点。それだけに思い入れも強く大好きな小鳥です。
今は野鳥の捕獲はもちろん飼育も禁じられてるので飼う事は出来ませんが、こうやって毎年愛らしい姿を見せてくれるだけで十分満足です。^^
動物・自然


冬季になると瀬戸内海は水温が下がって釣れる魚種が限られてくるので、四国西南部(太平洋側)への釣行がメインになります。
これは愛媛宇和島から渡船で約1時間、日振島の「地の3番」という磯です。
動物・自然


これは高知県宿毛市から渡船で約1時間、沖ノ島の「二並び」という磯です。風光明媚な所ですが、冬季このような穏やかな天候に恵まれる事は稀です。
動物・自然



同様に沖ノ島のすぐ西、姫島の「カメバエ」だったと思います。
動物・自然


沖ノ島近辺の海はとても綺麗で壮大な自然を満喫することができます。
画像は目の前にひょっこりと姿を現したウミガメです。その他にイルカなどが出現することもありますが、ウミガメやイルカが現れると釣果はあまり期待できません。
動物・自然

これが狙いの魚、グレ(メジナ)です。オキアミを餌にフカセ釣りで狙います。
釣った直後は綺麗なブルーですが、時間が経てば真っ黒に変色してしまいます。
しかし、大変美味な魚で、刺身、鍋、塩焼き、煮付け・・  どう料理して食べても美味しいです。^^
動物・自然

こちらは地元香川県西部に位置する荘内半島の海。
昨今、コンクリートの岸壁が多くなりましたが、ここ荘内半島は昔のままの砂浜や磯といった自然が多く残っています。特に半島東側は水も綺麗で絶好の釣りポイントが沢山あり、私のお気に入りの場所です。

動物・自然
そしてこれが瀬戸内海を代表する魚、メバルです。
このあたりではカサゴのことも赤メバルと呼ぶので、それと区別するためクロメバル、またはオキソメバルとも呼ばれています。どちらも卵胎生の魚です。
とても美味で煮付けにすると最高ですが、最近は漁獲量が減ったためか高級魚になってしまいました。
実はこの日はメバル狙いではなかったのですが、食べて美味しい外道だったので結果オーライということにしときます。^^;
動物・自然

「四国カルスト」で放牧されている牛たち。
ここは四国山地の奥地、ちょうど愛媛と高知の県境にあたり標高約1500mの場所です。
付近には白い石灰岩が点在する広大な草原、丘陵が広がり、眼下に四国山地の山々が見下ろせる絶景ポイントです。夜になると満天の星も素晴らしいとの事。
ここの牛たちはどれも綺麗で、その表情の穏やかさには癒されました。
動物・自然

盛夏の使者、クマゼミです。毎年梅雨が明けると一気に姿を現し、その「シャン!シャン!シャン!シャン!」という鳴き声を聞くとますます暑さが身にしみます。
幼虫は7年間も土の中で暮らし、ようやく羽化してもその寿命はわずか7〜10日とか。その事を考えるとあまりに可哀相で少々うるさくても我慢できますね。
セミの仲間はその種類によって好みの木が違い、うちの庭のクマゼミはシマトネリコの木に集中します。
動物・自然


11月初旬、カマキリの産卵を目撃しました。
体色が緑色のカマキリは産む卵も緑色であることを知り驚きましたが、翌日には茶褐色に変色していました。
動物・自然


玄関先で見つけたショウリョウバッタの夫婦、もちろん上に乗っかってる小さい方が・・オスです。^^;
体色も随分違いますが、これは雌雄関係なく居場所によって保護色に変化します。アマガエルと同じですね。
動物・自然

群馬県の鳥友達が送ってくれたニホントカゲの画像です。
私が住んでいる地域では昔からトカゲは珍しかったですが、ここ10年ほどは全く目撃していません。トカゲの一種である「カナヘビ」は結構多く、このあたりで「トカゲ」と言うと普通はカナヘビの事を指します。しかし、最近そのカナヘビも次第に数を減らしているようでちょっと心配です。
動物・自然

約10年ぶりに復活した熱帯魚の水槽。
その美しさに思わず衝動買い(飼い?)してしまったレッドビーシュリンプも見えてますが次第に数が減ってしまいました。
やはりカラーサンドではなくソイルを敷き、シュリンプだけの単独飼いにしなければ難しいようです。イチから出直しですね。^^;


ページTO↑
管理人Mail : prime-bird@y9.dion.ne.jp          
癒しの小鳥たちロゴ   「癒しの小鳥たち♪ 」の記載記事・画像などの無断転載を禁じます。 Copyright@ 「癒しの小鳥たち♪ 」 All right reserved