• パステルシャインアートとは
  • 最新情報
  • 江村信一ギャラリー
  • みんなのギャラリー
  • 資格とシステム
  • 講座スケジュール
  • 体験の声
  • 活動の歩み1995〜
  • ドクターボイス
  • メディア
  • ショップ
  • インストラクターのリンク
  • Q&A
  • 日本パステルシャインアート協会
  • 江村信一プロフィール
  • jpsaa
  • マスターインストラクター講座
  • エンジェルshineアートインストラクター講座
  • 通信インストラクター講座
  • 創作ぬり絵インストラクター講座
  • 葉祥明を描く講座

■インストラクター養成講座に参加してみての感想

 マスターインストラクターコース 3days(1)

 

40代女性 N.Tさん 三重県


三日間はあっという間でした。
たくさんの絵を描いて、皆さんとシェアする時間が楽しかったです。
同じテーマでもみんな違うことが、不思議でもあり、面白くもあり感動でした。

また自分があまり気にいっていなかった絵が人気投票で一位になったことが意外で、自分の見方と他人の感じ方の違いがユニークでした。

 

40代女性 Y.Oさん 神奈川県


江村先生の素晴らしい絵の制作過程を間近に見られてとても嬉しかったです。
そして、本当に短時間ですてきな絵が出来、最後に絵に光を入れることで輝きを増すということも、素晴らしいと感じました。
自分で描く過程でも、いろんな色を使うことでも癒され、また心に浮かぶことなどでも気付きがありました。


そして出来上がった作品を見て、また新たな自分に出会うことが出来る・・・。
こんなに気軽に体験できるのに、本当に深いアートセラピーになる事に感銘を受けました。
今回参加して本当に良かったと思います。

そして、西川眞知子先生のアーユルヴェーダ等様々な深い知識や経験からくるお話も、とても興味深く、時間が本当に短く感じられました。
もっとたくさんのお話を伺ってみたいです。

自分の納得のいく仕上がりには技術不足ですが、心のままに楽しく描いてその先が、思うような結果になればと思っています。

早速、この楽しさを身近な方から、徐々に広げて行きたいと思っています。プチ開業をしているので、HP上にも自作を少しずつ公開したいです。

 

40代女性 M.Hさん 東京


何枚かのパステルシャインを描いていきましたが、そのたびにコンプレックスを感じながらいます。
しかし、「こんな感じにしたかったんじゃない」「思った形と違う」「思った色が出ない」と頭に浮かぶのですが、完成した作品と向き合うと思っている以上の作品になっている。

描き終わったときの疲労感の中の爽快感、疲労感はきっとその紙に向かうエネルギーがどれだけ向けられたかなんでしょうか?
エネルギーを向けた自分の魂を褒めるような爽快感がセラピー効果なのかな?

と思う体験でした。

講座が終わってからは作品と向き合うことで何となく言葉を入れてあげたくなっている自分を楽しんでいます。
これから、沢山の人に其々のパステルの楽しさを感じてもらえるようなワークショップを広げて行きたいです。
これから精油とのコラボレーションをどのようにしようか、と考えながら楽しんでいます。

 

40代 女性 H.Kさん 愛知県


  • ◆絵が大の苦手な私ですが、とても楽しく3日間を体験できました。ありがとうございます。
    改めて、私は「夜」や「月」が好きなんだとも再確認できました。
    これは、私自身に今、心理的疲労感があるからとは関係がなく、元々、小さい頃から星や月等夜空を眺めることが大好きだったのですが、大人になるにつれて、その時間がなかなか取れませんでした。今回、改めて、絵にすることで、自分の思いを再体験できました。
  • ◆作品を作ることができる時間と、シェアリングの時間、講義(サイコセンシスやチャクラ、カラー、アロマ等)の時間との配分が大変であったかと思いますが、もう少し「講義」もゆっくりお聴きしたかったと思います。

≪認定後の活動予定≫
  • ◆日常業務の心理臨床場面で、描画療法の一つとして取り入れていきたいです。
    特に、コットンを使ったり、自分の指で直接描くというのは、箱庭療法の砂を自分の手で触りながら行っていくと同様な、無意識レベルの深層心理の投影や退行心理現象を、CIの方々が体験できると思います。
    その結果、心の開放感や、ご本人が思ってもみなかった“自身との対話”が、創作過程や作品という結果で実現できると思っています。
  • ◆ボランティアで行っている遺族会の参加者の方々へ、通常の、「分かち合いの集い」以外の空間作りの一つとして、「ヒーリングアートの体験」として行いたいと思っています。
    特に、パステルの優しい色合いや、直接、指先やコットンで絵を描く行為は、苦しい悲嘆の中においでの方々の心のつらさを、少しでも緩和できるのではと思います。
    また、自分の作品を手元に置いて眺めたりすることで、自身の“健康的な力”の再発見にも繋がると考えています。
    一般の方々向け(精神病圏ではない方)に、会場を借りて、有料で、「ヒーリングアート」の体験講座やワークショップを行ってみたいと思っています。
 

40代女性

K、Sさん 栃木県


パステルシャインの3日間
江村信一先生と西川先生の濃密なアートと色彩心理の授業を受けてきました私を入れて10人の受講生、みなさんセラピスト、色彩コーデイネイター、学校の先生など多彩な方でした。 

毎日が新鮮な感動で至福な毎日でした。
私のグリーンマンとはなんぞや?のメッセージがここではっきりわかりました。 


緑はハートチャクラ、ハートチャクラの形は○なんですね、愛と調和をあらわしています。
虹は光の象徴、愛と調和で光を皆さんに届けるというメッセージだったのですね、葉っぱの形を作って自分をイメージして絵をかく課題がありました。

あとからみるとまさに自分そのまま 

マゼンダピンクは解放のメッセージもありました、またゆらぐことのないよう1,2のチャクラをしっかりするための腹筋をきたえて、ラベンダーの香りで上にいっている熱を下にさげる呼吸も教えていただきました。

感謝

 

体験の声 もくじ

←トップページへ戻る

copyright(c) JPSAA. all rights reserved.