本文へジャンプ
加子母・天照山
神々の夜明け

天照山御祭神:天之御中主神(高天原の主宰神であり宇宙の根元の神)
  本 殿
         :天照大御神
(高天原の主神であり日の神、太陽神)

         :大国主神
(國譲り、大八洲国出雲神話の主神)

         :瓊瓊杵尊
(天孫降臨神話の主、歴代天皇の祖先神)

天照山本殿・向拝殿

天照山社務所・祈祷殿・六角堂

平安〜鎌倉期には、飛州加子母小郷・小和知は、下呂の御厩野に建立された大威徳寺の領地として、飛騨の国でありました。
同時代に、加子母大杉地蔵尊が奉られ、源 頼朝文覚上人、北条時頼等が加子母に来所し、歴史的な足跡が示されております。
又、この地には、平家の落人伝説とともに、安徳天皇弐位の局の位牌、付き人と思われる人々の墓跡・位牌などが残されております。
小和知地区には、白蛇伝説が語り継がれた神洞神社(祭神・白龍明王大神、神洞大神、倶利伽羅大日大聖不動明王)が建立されており、弘法大師空海が青年期この地区周辺にて修行されたと伝えられ、この地に痕跡が残されています。

年間神事祭事リンク
飛州・加子母
文化研究会

〒508-0421  岐阜県中津川市加子母1375番地377
           加子母 天照山
            п@0573-79-3212
            fax 0573-79-5088
tensyouzan@w5.dion.ne.jp  

お問い合わせ

境内地建物配置図