猿倉温泉
クリーミーな白いお湯が気持ちいい



 
 

泉質 硫黄泉
お風呂の種類 男性露天2、内風呂1、女性露天2、内風呂1
日帰り入浴料金 500円
問い合わせ先 0176-23-750
営業時間
お気に入り度 ★★▲
入浴日 98年9月5日

 
 
 
  八甲田山周辺の酸ケ湯、谷地、蔦、八甲田・・・などの温泉に比べると、猿倉は、もっと静かで山の中にひっそりと建っている温泉です。
  右の写真は、新館。宿泊のフロントや食事をする場所、メインの浴室は、新館の方にあります。わたし達が泊ったのは、安い旧館の方でした。
  旧館の部屋は、そんなに広くないし、鍵もかからない純和風(?)ですが、清潔にしてある感じがしました。

 
  浴室は、新館に男性用露天2つ、内湯1つと、女性用露天1つ、内湯1つがあります。
  女性用には、旧館にある半露天風呂もありました。半露天風呂は、10人以上は入れるくらい湯船が広くて、真っ白なお湯は、少し香ばしいような硫黄の臭いがします。景色は、旅館の裏の林が見えるくらいです。
  左の写真は、新館の女性用露天風呂です。ここからは、小さな川と森、そして、立ち上がると、男性用露天との敷居ごしですが、遠くに山を見ることもできます。
  白いお湯は、クリーミーな感じで、とっても気持ちよかったです。
  右は、女性用の内風呂です。真ん中の柱は、白樺のような木を一本そのまま使ったもので、自然な感じが良いです。湯船はぬるめと、熱めで2つあります。
  また、天然温泉の蒸気を使ったサウナもありました。お湯の量が豊富で、湯温が高いからできるのでしょう。
  食事も、「すべて手造り」で、おいしくいただきました。
土曜日の宿泊で、2人で21,300円でした。

地域別見出しに戻る