石鎚山温泉 旅館京屋

珍しい真っ白なお湯は漬物味?(^^;


泉質 含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉  16.1℃
お風呂の種類 男女別内湯 各1
日帰り入浴料金 300円
営業時間 13:00-19:00(土・日・祝日) *事前確認した方がよいと思います
問い合わせ先 0897-59-0335
お気に入り度 ★▲
入浴日 03年3月7日

 
 石鎚山の登山ロープーウェイ乗り場にある旅館京屋は、お土産屋さんや軽食屋さんも兼ねた民宿のような雰囲気もある旅館です。
 そこまで行く途中の道も、徐々に整備はされているようですが、渓流沿いの細い山道を走っていく険しいものです。川を見ると、日本庭園に置いたらすごく綺麗だろうなぁ。。。と思うような石があります。考えることはみんな同じようで(^^;、石の採取を禁止する看板がありました。
 沸かし湯のため、平日はやっていないのですが、電話をしてみると、たまたま宿泊者がいるからお湯が沸いているとのことで、入浴させてもらうことができました。
 
 硫黄泉じゃないのに、真っ白に白濁した珍しいお湯です。
 循環のため、浴室ではお湯は飲めませんが、温泉スタンドで源泉を持ち帰ることができるようです。
 お風呂に入る前に、源泉を飲ませてもらったのですが、塩っぱっくてお漬物のような臭いのする不思議な源泉でした。コップの中をよく見ると、白い結晶のようなものが浮遊しています。もとは炭酸も含まれているようですが、汲み置きの源泉だたったので、よくわかりませんでした。
 浴室の窓を開けると、きれいな渓流を見ることができます。

地域別見出しに戻る