飯坂温泉 なかむらや旅館

こじんまりしたアットホームな感じが魅力


泉質 単純泉
お風呂の種類 貸し切り内湯 2
日帰り入浴料金 600円
営業時間 10:00-15:00
問い合わせ先 024-542-4050
お気に入り度 ★★▲
入浴日 02年7月20-21日

 
 以前、鯖湖湯を訪れた時に、レトロな外観にひかれた「なかむらや」に泊りに行ってきました。
 なかむらやは、江戸時代に建てられた江戸館(写真)と、明治時代に建てられた明治館からなっています。
 玄関を入ってすぐの帳場には、囲炉裏があって、まるで時代劇のセットのようです。
 わたし達2人が泊ったのは、明治館だったのですが、何と三間続きの広さ。1日4組しかお客を取らないという贅沢な宿なんです。
 「うちは広いだけが取柄で...」なんて若女将さんが謙遜しますが、気さくで心温まるもてなしに、「リピーターが多い」というのも納得です。
 温泉は、家族風呂が2つだけです。他に、鯖湖湯に行くというと、入浴券をもらうことができます。
 一つの家族風呂は、シャワーも完備されています。熱い東名なお湯がかけ流しで、少しスベスベする感じがします。
 窓が大きくとってありますが、建物に囲まれた中庭に面しているので、目隠しがあり、眺望はありません。
 もう一つの浴室は、93年に建て替えられた旧鯖湖湯の御影石を使って「昔風に」造ったものだそうです。
 湯船の縁に使っている黒い石だけは新しいものですが、その他は床も湯船も捨てられるはずだった石材を引きとって、再利用したものだそうです。
 「苦しい時代の方が長かったんです。その時にも、鯖湖湯があって、そこに湯治のお客さんが来てくれたからやってこられたんです。」と、鯖湖湯への想いを語る女将さんは素敵な方です。
 食事は、夕食、朝食ともお部屋でいただきます。
 夕食は、お刺身、ほやの酢の物、ほうれん草胡麻和え、いんげんのお浸し、卵どうふ、あゆの塩焼き、うなぎの柳川風、あさりのお味噌汁、メロンなどでした。「豪華」っていうのとは少し違って、家庭料理っぽいお料理でした。
 値段は一人13000円。「また行きたいな」と思う心休まる宿でした。


飯坂温泉 鯖湖湯

理想の共同湯...ここに住みたい


泉質 単純泉 51.4℃
お風呂の種類 男女別内湯 各1
日帰り入浴料金 100円
営業時間 6:00-22:00 (月休)
問い合わせ先 024-542-2121(パルセいいざか)
お気に入り度 ★★★
入浴日 01年10月8日、02年7月21日

 
 鯖湖湯には感動しました。
 威厳ある外観に、脱衣所と浴室のオープンな造りに、木造に御影石を使用した浴室に、ドバドバかけ流しになっている激熱の透明な湯に、人々が湯船の回りで身体を洗う風景に。。。。
 理想の「共同湯」の姿を見た気がしたのです。
 鯖湖湯は、明治時代の共同湯を、1993年に再現した新しい建物なのですが、その雰囲気の素晴らしさと言ったら!
 飯坂温泉は、比較的規模の大きな「歓楽温泉」という印象を勝手に持っていたのですが、鯖湖湯とその回りの宿の雰囲気の良さに、温泉街自体を見直してしまいました。鯖湖湯に入浴するときには、歩いて数分の所に駐車場があるので、そこに車を停めてのんびり歩くののが、また、いい気分です。
 飯坂温泉には、鯖湖湯を含めて、8つもの共同湯があり、すべて100円で入浴することができます。

地域別見出しに戻る