新穂高温泉 水明館佳留萱山荘

でっかい露天風呂と、回る貸切り風呂の宿


泉質 単純温泉
お風呂の種類 男女別内湯 各1、女性用露天風呂 1、
混浴露天風呂 1、貸切り露天風呂 1
日帰り入浴料金 500円
(貸切り露天風呂の入浴は、別料金)
営業時間 7:00−20:00
(貸切り露天風呂の外来入浴は、9:00−15:00)
問い合わせ先 0578−9−2136
お気に入り度 ★★
入浴日 00年3月11−12日

 
 どっか温泉行こう。。。いつものように前日に思い立って、佳留萱(かるかや)山荘に電話をすると、空いていた部屋は、1室だけ。一人16,000円(休前日料金)の一番高い部屋でした。
 高い部屋、と言っても、部屋にあるのは水が出る洗面所だけで、トイレやお風呂はありません。部屋もちょっと古ぼけた感じがして、部屋だけ見ると、16,000円はちょっと高いかな。。。という印象でした。安い部屋は、12,000円くらいからあるらしいので、こちらの方がお薦めかもしれません。
 食事はなかなかおいしくて、満足でした。
 チェックインを終えたわたし達は、去年、テレビ東京の全国大工選手権で作られた「夢をいつまでもの湯」と言う貸切りの露天風呂に直行しました。
 八角形の湯船の真ん中にある丸い部分を回すと、湯船がクルクル回る。。。はずなのですが、この「回す」ってのが、重い!!2人で、満身の力をこめて回しても、ぐ〜ぅぅ、、、と、ゆっくり回すのがやっとでした。
 それに、裸で、力をいれて湯船を回す姿は、ちょっと変だと思います。
 右の写真は、女性用の露天風呂です。
 女性用でも、十分に大きくて、2つの湯船に20人程度は余裕で入れる大きさです。湯船がちょっと「池」っぽくて、情緒には欠けるような気もします。
 周りは、塀で囲われてるけど、山は見えます。
 お隣の混浴露天風呂には、ここで着替えて、タオル巻きで移動することができます。
 そして、有名な中部日本一大きい野天風呂。300人入れるとか聞いて、期待が大きかったせいか、「ふーん、こんなもんかぁ。。。」って印象でした。
 適当に配された巨岩が印象的な露天風呂は、大きく2つの湯船に分かれています。お湯は、場所によって、熱め〜ややぬるめ。やや黄色味がかった鉄のにおいのする透明なお湯でした。
 ここは、女性のタオル巻き入浴可ですから、勇気を出して入ってみてはいかがでしょうか?わたしが行ったときは、カップルで入ってる人も、何組かいました。
 女性用の内湯は、そんなに大きくなくて、シャワーは2,3個しかなかったですが、十分に快適な設備でした。
 お湯は、露天風呂と、同じような感じでした。

地域別見出しに戻る