霧積温泉 金湯館

ぬるめドバドバ系のお湯はやっぱり好き


泉質 カルシウム-硫酸塩泉(39℃)
お風呂の種類 男女別内湯 各1
日帰り入浴料金
営業時間
問い合わせ先 027-395-3851
お気に入り度 ★★★
入浴日 01年3月31日-4月1日

 
 わたし達が、霧積(きりづみ)温泉金湯館(きんとうかん)に行ったのは、桜が咲いている東京に季節はずれの雪が降った日でした。
 もちろん、金湯館に向かう山道も、すっかり雪景色。少し手前のきりづみ館から電話をすると、ランクルが迎えに来てくれますが、他のお客さんでランクルは満員になって、四駆のわたし達は、自分の車で、宿までのガタゴト道を行くことになったのでした。
 うーん、なんて山道!秘湯なアクセス!
 そうしてたどりついた宿は、玄関先に水車のある結構年季の入った建物です。
 わたし達のお部屋は、浴室の真前で、ちょっと新しい感じの離れのような建物で、快適でした。ストーブも、こたつも、お布団には電気アンカも入っていて、暖ったか! トイレは共同になります。

 食事は、豪勢ではないけど、9500円という値段を考えると、満足できる内容でした。メニューは、こいこくのお味噌汁、山の幸の天ぷら、鮎の塩焼き、煮物、さしみこんにゃく、漬物です。

 そして、お湯は、わたしの好きな「ぬるめのお湯ドバドバ系」。タイル貼り内湯だけのシンプルな浴室だけれど、きもちよくって、長湯×3回も入ってしまいました。
 浴室に入ると、ムッと卵っぽい臭いがして、お湯を飲むと、明確ではないのですが、何か温泉っぽい臭いがしました。無色透明、泡付きよしの極上湯です。
 宿の方も親切で、満足、満足。宿で飼ってるうさぎも可愛かったです。また行きたい宿です。

地域別見出しに戻る