壮瞥町 蟠渓温泉
川原でわく素朴で可愛い露天風呂〜オサル湯


泉質 塩化物硫酸塩泉
お風呂の種類 混浴野天
日帰り入浴料金 無料
問い合わせ先 なし
営業時間 いつでも
お気に入り度 ★★★
入浴日 98年9月9日

 
 
 蟠渓温泉は、北海道の人でも「どこにあるの?」って言うくらい小さな温泉地。洞爺湖の東側 国道453号線沿いにあります。
 温泉地は、車だと数分で走り抜けてしまうくらい小さいので、迷うことはありません。蟠渓温泉健康センターのすぐ北側に、広場のような駐車場のような空地があります。この空地に車を停めると、写真の「オサル湯」の小さな看板があります。
 この看板の裏の川原に、露天風呂オサル湯があるのです。
 実は、わたし達は、前日にもここに寄ったのですが、雨が降っていたため川が増水して、露天風呂は水没していて、入浴はできませんでした。
 今日も駄目かも。。。ちょっとあきらめていたのですが、一晩で川の水量は減ったようで、きちんと湯船ができていました。土砂で埋まっていたのを、前の人がかき出してくれたみたいです。少し浅めですが、しっかり入浴できました。
 写真は、一番大きな湯船ですが、これ以外にも川原のあちらこちらからお湯が沸いていて、石を寄せて作った湯船がいくつかあります。
 お湯はとても熱く、川の水でうめて入らなくてはなりません。わたし達は、スーパーでお買い物をするとくれるビニールバックで、一生懸命、川の水を汲みました。
 脱衣所などはありませんが、道路と川の間は、少し距離があって、茂みなどがあるので、他人から見える心配はあまりありません。
 川の中にある小さな可愛い露天風呂。景色もよく、とっても楽しい気分です。

地域別見出しに戻る