岩尾別温泉

◇ホテル「地の涯」の無料露天風呂


泉質 含重曹食塩泉
お風呂の種類 混浴露天 1、女性又は女性同伴者用露天 1
日帰り入浴料金 無料
営業時間 24時間
問い合わせ先 01522-4-2331
お気に入り度 ★▲
入浴日 99年9月12日

 
 ウトロから、知床五湖方面と岩尾別方面に分かれる分岐から、ホテル地の涯までは、結構細い道で、夜走ると心細くなるくらい山の中って感じです。
 でも、到着してみると、そのホテルは、あまりにも大きくて立派で、沢山の車が停まっていて、驚きました。
 
 ホテルの有料のお風呂とは別に、ホテルに向かって左手の山の中に、地の涯が管理している2つの無料露天風呂があります。
 その一つが、湯船が三段連なっている「三段の湯」です。浴槽を移動するときには、コケむした感じの岩が滑りそうでちょっと恐いです。お湯は、無色透明でした。
 脱衣所などはありません。山の中と言っても、人が沢山泊まっているホテルの駐車場から、数十歩で来られるくらいの距離なので、昼間は、見学者が多くて、落ち着かないようです。
 さすがに、小雨の超早朝には、誰も来ませんでした。
 三段の湯から、100mくらい散歩道を歩いたところに、女性または女性同伴者専用の「滝見の湯」があります。でも、ちゃんとした脱衣所などはありませんので、散歩してる人からは見えちゃうかもしれません。
 タヌキの顔が印象的な小さな浴槽。滝は、立ち上がれば、森の向こうに見えるけど、言うほどのものではないかな?


◇木下小屋 〜 温泉もあるランプの山小屋


泉質
お風呂の種類 混浴露天 1(湯船は3つ)
日帰り入浴料金 200円
営業時間
問い合わせ先 01522-4-2824
お気に入り度 ★★
入浴日 99年9月11−12日
 
 ホテル地の涯の裏に、こんな山小屋があることは、あまり知られていないようです。
 ここは、ランプの宿。車でアクセスできますが、トイレは小屋の外の建物でもちろん、汲取り式。食事は出ないので、外で食べるか、自分でコンロと材料を持参して自炊しなくてはなりません。
 小屋は、清潔だし、吹き抜けがあったりして、ちょっとお洒落な感じのログハウスです。吹き抜けの柱には、木製のキツツキや小鳥が沢山とまっていました。
 1階は、いくつかの小部屋に仕切られているようで、2階は、吹き抜けを中心に、なんとなく4つくらいに仕切られているだけで、広々としています。
 わたし達は、2階の片隅にシュラフを広げました。天窓もあって、晴れた日は☆を見ることもできるそうです。 山小屋ですから、夜も朝も早いです。早朝からの温泉巡りでクタクタだったわたし達も、8時過ぎには眠りに入ってしまいました。
 
 
 
 そして、この山小屋には、温泉の露天風呂があるんです。廊下の突き当たりを出ると、森に面した浴槽が2つ、木の壁で囲われた浴槽が1つ。脱衣所は簡単な棚があるだけですが、「女性入浴中」の札をかけて入浴することができるようになっています。原始林にかこまれた温泉は、ホッと落ち着く空間でした。
 お湯は、無色透明で、しょっぱ苦い味でした。
 シュラフを持っていれば、1泊1,500円で泊まれます。お布団もお願いすると貸してくれるようでした。

地域別見出しに戻る