カルルス温泉 かめやカルルス館

無色透明マイルドな湯


泉質 単純泉
お風呂の種類 男女別内湯 各1、男女別露天 各1
日帰り入浴料金 500円
営業時間 13:00-20:00
問い合わせ先 0143-84-2851
お気に入り度 ★★
場所
入浴日 01年11月25日

 
 「カルルス温泉」。少し(?)前に入浴剤で一躍有名になった温泉は、外国っぽい名前ですが、やはり、その由来は、チェコの有名温泉地のカルルスバード(現在カルロビ・バリ)に泉質が似ていることだそうです。
 何軒かある旅館の中から、今回は、かめやカルルス館で入浴しました。
 内湯には、適温の湯船と、ぬるめの湯船の2つがあり、適温の方は、湯がザーザー掛流しです。もちろん、飲泉も可。無色透明の特徴のない湯で、ゴクゴク飲めます。
 温泉巡りを始めた頃は、所謂「濃い」お湯に喜びを感じたものですが、色々と入浴していると、こういう優しい湯も嬉しく思うものです。一般に「名湯」と呼ばれる湯には、単純泉が多いようにも思います。
 露天風呂もあるのですが、中庭のような場所に、おまけのようにあるので景色も悪く、内湯の方が快適度は高かったです。

 この宿は、湯治で連泊する高齢者も多いらしく、ロビーで洋服を売っていたり、「ヤクルトが来ています」と館内放送がかかったりするのが微笑ましい感じでした。

かめやカルルス館のHPはこちら!


地域別見出しに戻る

Click here to visit our sponsor