ニセコ小湯沼

うーん、、、強烈!!天然泥湯の湯


泉質
お風呂の種類 川全体
日帰り入浴料金 無料
営業時間 いつでも(暗くなってからは危険)
問い合わせ先 なし
お気に入り度 ★★
入浴日 99年9月17日

 
 小湯沼(写真右)は、湯本温泉から山の中に入った所にあります。湯本温泉の国民宿舎雪秩父の裏に車を置くと、灰色の熱そうなお湯をたたえた大湯沼があります。
 小湯沼は、この大湯沼を一周する道の途中から、20分ほど山に入った所にあります。お散歩気分で行ったのですが、山道は、ハァハァ息が上がるくらい登坂が続いて、竹の根が足に引っかかったりして、ちょっと歩きにくかったです。
 大湯沼の所に、地図も出ているし、小湯沼に行く矢印も出ています。
 

小湯沼も、沼自体は熱そうだし、深そうだし、入浴は危険です。入浴スポットは、沼の左手のお湯が川に流れ出している辺りです。
 お湯の底には、キメ細かなねっとりとした泡がたっぷりと堆積しています。お湯全体も、濃い灰色に濁っています。

 川が谷間も流れているので、眺望は開けませんが、笹竹に囲まれて、山を見ながらの天然の泥湯は、ちょっと他にはありません。
 入浴後は、グレイの湯の上澄みで、何とか体の泥を流して、ちゃんとした入浴施設のある湯本温泉に向かったでした。
 指先、カサカサになりました。

地域別見出しに戻る