自然の岩風呂に圧倒されます。一浴の価値あり!


◇ 姥子温泉 〜秀明館

 
泉質 明礬泉
お風呂の種類 男女内風呂各1、家族風呂1
日帰り入浴料金 2000円
営業時間 10:00−17:00(冬季休業)
問い合わせ先 0460−4−8478
お気に入り度 ★★★
入浴日 98年4月15日、7月、99年6月24日

 
  2000円の日帰り入浴は贅沢です。それも、タオルも休憩室も、お茶の一杯も付くわけでもありません。でも、秀明館の温泉は絶品!初めて行った時には、「箱根にこんな所があるなんて・・・・」と、絶句してしまうくらい感動的でした。
 浴室は、男性用、女性用、家族風呂の3つがあります。家族風呂は、普通にある石のタイルでできた浴室。問題は、他の2つの浴室です。浴室の一番奥が、自然の岩になっていて、そこから、とうとうと、お湯がしみだして浴槽に流れ込んでいるのです。
  坂田金時(金太郎ですね)が、子どもの頃、怪我した目をこの温泉で直したという言い伝えがあり、秀明館に行くと、女将さんに、「お風呂に入ったら、温泉で目を洗いなさい」と言われます。庭内にある五重塔は、この温泉で目が良くなった人が寄贈したものだとか。
  お湯は、やや茶味がかった色で、飲むと、ちょっと酸っぱい感じがします。飲んでも身体に良いそうです。

 
 
  ちょっと問題は、ここのお湯の熱さです。本当に自然に沸いているお湯なので、天候に非常に左右されるのです。わたしが初めて行った時には、大雨の後だったので、お湯はぬるくなっていて、お湯がしみ出ている岩に近づいて、お湯に触ったり、浴槽の下から湧き出してくる温泉を感じたりすることができました。でも、お湯がとっても熱くなってしまう時もあり、2回目に行った時には、4本くらいのホースで水を入れて、薄めての入浴でした。とても、岩の近くまでは近寄れませんでした。
  でも、温泉って自然のものだから、本来、こういうものなのかもしれません。
  冬の間はお湯が枯れてしまうので、旅館は休業です。子どもの頃から秀明館に来ているというおじさんの話しでは、昔は冬でもお湯が沸いていたけれど、周りで色々温泉を掘ったために、水の流れが変わったのか、冬場は枯れてしまうようになった、とか。残念です。いつまでもいつまでも、岩からお湯が出続けて欲しい。本当に自然の温泉です。
(写真は、女性用岩風呂)

*最近の情報*
99年、6月下旬に訪問した時には、雨が少なかったので、
お湯が、湯船の底に、少ししかありませんでした。
98年は、11月下旬には、岩風呂のお湯が出なくなってしまって、
秀明館は、冬の間は、お休みになってしまいました。



箱根の温泉リストに戻る