高峰温泉  

大人気の標高2000mにある一軒宿


泉質 カルシウム・マグネシウム−炭酸水素塩温泉
(26.2℃、pH6.62)
お風呂の種類 男女別内湯 各2
日帰り入浴料金 500円 (ランプの湯のみ入浴可)
営業時間 11:00-14:00
問い合わせ先 0267-25-2000
お気に入り度 ★★★
入浴日 00年11月24-25日

 
◆快適な宿
 高峰温泉は、かなり人気のある宿のようで、週末は、なかなか予約が取れません。
 行く前には、ほとんど予備知識がなかったのですが、聞こえてくるのは、「雲上の温泉」とか「標高2000m」とか「ランプの宿」とか、かなり山の中のような気配です。
 「電気は全くないか、自家発電なのかな。。。ヘアドライヤーは使えないかも」と覚悟をしつつ、宿に向かったのですが、たどり着いた高峰温泉のすぐ横には、電柱。館内は、バリバリ電気の通った快適な宿だったのでした。
 
  「ランプの宿」というだけあって、宿の玄関横や、廊下、階段、浴室などに、沢山のランプが置かれていますが、すべて、燃料は「電気」(^^; 北一ガラスのランプは、きれいですが、山小屋のような風情とは、ちょっと違います。
 わたしは、2人部屋で、一人12000円の比較的安い部屋を選びました。トイレ、洗面所は共用のこじんまりした和室ですが、94年に建て替えられたばかりということで、きれいで、暖房もよくきく快適な部屋です。
 宿は、山の尾根のようなところにへばりつくように建っていて、窓のすぐ下は、崖。はるか遠くには、八ヶ岳方面の山々を見ることができます。
◆源泉浴槽がお気に入り
 浴室は、男女別に内湯が、各2つあります。写真右は、1階にある「ランプの湯」です。
 とにかく、わたしは、ここの温冷交互入浴の虜になってしまいました。左半分の大きな方が適温に加熱された湯、右半分が源泉そのままの冷たい湯です。
 加熱の方の浴槽は、4人くらい用の大きさで、循環+源泉注ぎ足しでちょっと白濁しています。源泉の方の浴槽は2人くらい用で、無色透明で、ムッと卵臭のするお湯が、贅沢にかけ流されています。入っていると、ちょっと泡がつく感じ。お湯を口にすると、卵臭に加え、ほのかな酸味のようなものを感じました。
 
◆湯船で夕暮れを
 写真左は、2階にある展望風呂です。こちらは、宿泊者専用のようで、1階のお風呂に比べると、脱衣所がかなり広く、浴室も一回り大きい感じがします。加熱浴槽が一つと、シャワーなどがあります。
 2つの浴室からの景色は、どちらも同じ方向で、見晴らしも同じくらいです。加熱なのに、24時間入浴できるのもうれしいです。
 2つの浴室からは、夕陽を見ることができます。遠くの山が、オレンジ、パープルがかったオレンジ、赤、ブルー...と、刻々と色を変えながら染まってまっていく様を見ながら湯に浸かるというのは、本当に贅沢な時間です。
◆美味しい食事と楽しい催し
 食事は、プリュンプリュンに柔らかい刺身こんにゃくが印象に残りました。全体に美味しく、温かいものを温かい状態で出してくださるサービスに大満足でした。メニューは、こちら。
 更に、夜には、星の観察会として、天体望遠鏡で星を見せてくれたり、星座を教えてくれるといううれしい催しがあります。初めてみた土星の輪や、金星の惑星、昴など、思い出に残る夜になりました。もちろん、観察会の後には、期待を裏切らないちょっとうれしいお夜食も。。。
 山深い立地と絶景、満点の星空といった非日常と、普段の都会での生活と比べても何ら遜色ない快適さの両立。リピーターが多いというのも納得の素敵な宿でした。
 

高峰温泉のHPは、こちら!


地域別見出しに戻る