貝掛温泉 貝掛温泉館
ぬる湯は目に効く「まなこの湯」
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(36.8℃)
お風呂の種類 男女別内湯+露天 各1 (時間交代制)
日帰り入浴料金 1200円(平日は1000円)
営業時間 10:30-14:00
問い合わせ先 0257-88-9911
お気に入り度 ★★▲
入浴日 02年7月6日

 
 貝掛温泉については、「ぬるいお湯らしい」という程度の知識しかありませんでした。写真でよく見る露天風呂も、なんとなく味気ない感じがして、あまり興味がなかった。。。というのが正直なところです。
 国道から車1台がやっとの細い橋を渡って到着した貝掛温泉は、木を贅沢に使ったどっしりした造りで、想像したよりも素敵な宿でした。(失礼!)
 入浴料金1200円は、少し高いと思いますが、この値段だから、この程度の混み具合で、のんびり温泉を楽しめるのだ、、、と思って納得します。10時半の受付開始を待っていたかのように、女湯には、6-7人の入浴客が次々に入ってきました。
 浴室は、男女別に2つに分かれていて、それぞれ、内湯+露天があります。時間で男女交替になっているのですが、写真でよく見る源泉大露天風呂(写真左)は、日帰りの時間帯は、男性用になっています。
 浴室は、天井が高く、太い木が梁に使われていて、なかなかいい雰囲気です。
 女性用の内湯には、10人は余裕で入れる源泉浴槽と、3-4人は余裕の加熱浴槽があります。加熱浴槽も、かけ流しになっているようでした。
 源泉の温度は、36.8℃。透明なお湯ですが、口に含むと、塩気の後に、酸っぱいような何やら刺激的な味覚をほのかに感じます。この味は、表現が難しいです。
 ぬるいお湯に、じっと浸かっていると、体に泡がついてきます。浴槽の縁にある木の枕に頭をのせて、お湯の中を浮遊していると、夢と現実の境目がわからなくなるようなフワフワな気分になってきます。
 そして、女性用のこじんまりした露天風呂は、加熱されたお湯が入っています。露天風呂の方は、緑を見ながら入ることができますが、お湯や浴槽の雰囲気は、そんなに特筆するものはありません。
 貝掛温泉は、姥子温泉(神奈川県)微温湯温泉(福島県)と並んで、「目」に効く温泉として有名です。脱衣所の前に貼ってあるイラスト入りの説明書によると、源泉が湯船に注いですぐの泡立った状態の場所で、目をパチパチ洗うと良いそうです。
 機会があったら、ここに泊まって、ぬるいお湯に長く浸かるのも良さそうだなぁ、と思いました。

貝掛温泉のオリジナルHPは、こちら!


地域別見出しに戻る