出雲湯村温泉 河原の露天風呂

川と一体になっちゃう露天風呂


泉質 アルカリ性単純温泉?
お風呂の種類 混浴露天 1
日帰り入浴料金 無料
営業時間 24時間
問い合わせ先 なし
お気に入り度 ★★
入浴日 02年12月31日

 
 日本海側から走って来ると、出雲湯村温泉に入り、元湯の前を通りすぎたあたり、右手の河原に、無料の露天風呂があります。
 河原に下りる階段があるので、注意して見ていれば、場所はわかると思います。
 
 川の中に、石で組んだ10人くらい入れそうな立派な湯船がありました。一見、川と明確な区切りはないのですが、よくよく見ると、湯船は石をしっかり固めて作られたものです。
 脱衣所などはないので、その辺の岩の上に、服を置くしかありません。周りにゴミが落ちているのが残念でした。自分の分は、自分で持ち帰るように心がけたいものですよね。。。
 雨が降って増水すると、入浴できないこともあるようですが、わたしが行った日は、まさに適温!砂地の川底から、ポコポコとお湯が湧いてくるのがわかります。無色透明ですが、ツルツル感のあるよいお湯でした。

出雲湯村温泉 元湯 (旧:漆仁湯)

建てかえられたばかりの共同湯


泉質 アルカリ性単純温泉
お風呂の種類 男女別内湯 各1、男女別露天 各1
日帰り入浴料金 300円
営業時間 10:00-21:00
問い合わせ先 0854-48-0513(湯乃上館)
お気に入り度 ★★★
入浴日 02年12月31日

 
 「漆仁湯が渋い!」と聞いて楽しみにしていたのですが、なんと、2002年にリニューアルしたばかりで、すっかりきれいな施設になっていました。入り口の前には、流行の足湯コーナーまでできていました。
 名前も、「元湯」と改められていました。でも、「元湯」はどこにでもある名前だから、「漆仁湯」の方が、わたしはいいと思うんですけどね〜。
 元湯の向かいにある宿「湯乃上館」もいい感じの造りで、泊まってみたいな、と思いました。
 
 中に入ってみると、木を豊富に使った建物は、期待以上に、雰囲気がよいものでした。洗い場も、近代的なシャワーなどではなく、青森の蔦温泉などにある木の桶に湯がたまったものを汲んで使う昔風のタイプでした。
  掛け流しで、肌触りが柔らかいアルカリ性単純温泉です。
 内湯からの捨て湯が流れ込むぬるめの露天風呂もありました。
 露天風呂の囲いは一部を開けて、川をのぞくこともできて気持ちがよいです。

地域別見出しに戻る