大丸温泉〜大丸温泉旅館
◇ 「川の湯」が有名!きれいで快適な宿


泉質 単純温泉
お風呂の種類 男女別内湯 各1、家族用内湯 1
混浴露天風呂 3
女性用露天風呂 2
日帰り入浴料金 1000円
営業時間 10:30-15:30
問い合わせ先 0287-76-3050
お気に入り度 ★★
入浴日 99年11月22−23日

 

 大丸(おおまる)温泉旅館は、なかなかきれいで、落ち着く宿です。
 わたし達は、新館に泊まったのですが、一人15,000円くらいで、バス・トイレ付きの快適なお部屋でした。
 泊まってみた感想は、「川をそのまま堰きとめたような露天風呂はすごく良いし、お部屋は快適で、誰にでもお薦めできる宿」って感じです。あとは、お食事がもっと美味しければ、何度でも行きたいんだけど。。。

 
 お食事は、夜も朝も、お部屋で食べます。
 夕食は、天ぷら、お刺身、お鍋、ステーキなどなどと、メニューは豪華で、味はまぁまぁです。ただ、ステーキも天ぷらもお魚も、冷めてたのが、とても残念です。
 やっぱり、ちょっと宿の規模が大きすぎるのかしら。。。
◇飲泉所
 浴場の入口には、飲泉所がありました。透明な熱いお湯は、くせがなく飲みやすい味です。
 源泉は、熱いお湯と、ぬるめのお湯の2種類があるそうです。
◇家族用内風呂
 貸し切りにできる家族風呂です。5−6人は楽に入れる余裕の大きさです。
 家族風呂の脱衣所からも、混浴露天風呂に下りていくことができるようでした。

 
◇女性用露天風呂1
 女性用の内湯は、湯煙いっぱいで写真を撮れませんでしたが、上の家族風呂と同様、きれいで快適な設備です。
 内湯を出るとすぐにある女性用の露天風呂は、「川の湯」とは、ちょっと離れた所にあります。見た通り、よくありがちな露天風呂で、あまり面白味はありません。
◇女性用露天風呂2
 こちらは、「川の湯」の一番上流にある女性用の露天風呂です。内湯を出て、裸のまま渡り廊下のような所を、テクテク歩いて行きます。
 「川の湯」と言っても、女性用のお風呂は、岩できれいに囲われていて、「川岸に造られた露天風呂」って言う感じです。

 
 ◇混浴露天風呂1
 川の中流にある混浴の露天風呂です。混浴の露天風呂は、3段に分かれていて、ここが真ん中の湯船です。 湯温は、冬場だと、ちょっとぬるめでした。
 混浴の露天風呂には、女性用の内湯から、直接出て行くことができます。宿の方は、「バスタオルを巻いてどうぞ」とおっしゃっていました。
◇混浴露天風呂2
 川の湯の一番下流にある大きな湯船です。
 実は、この湯船は、宿泊するお部屋の窓から、丸見えで、ちょっと勇気がいるかもしれません。
 でも、女性用の露天よりも、ずっと大きくて気持がいいから、バスタオルでも巻いて、是非、挑戦してみて欲しいです。

地域別見出しに戻る