上山温泉 



 
 
江戸時代から続く温泉街 〜 ホテル月の池 
泉質  含石膏食塩泉
お風呂の種類  男女別内風呂 各1
男女別露天風呂 各1
問い合わせ先  0236−72−2025 
営業期間  年中営業 
おすすめ度 
入浴日 97年9月

 
新情報!99年夏、月の池が改装しました。

 月の池から、新しいパンフレットが送られてきました。わたしは、実際には、行っていないので、パンフレットを見てわかった新しい点は、以下の通りです。
 1.浴衣が選べるようになった。女性は、花柄の色とりどりの浴衣を選べます。
 2.お部屋の壁紙がきれいになった。
      万葉の草花をテーマにカラーコーディネートされているそうです。
 3.脱衣所がきれいになった。脱衣籠もなかなか凝っています。
 4.露天風呂で枡酒が飲めるようになった。
 5.値段 1室2−3名まで 15,000円(サ込、税別)

その他、ロビーやお風呂も、改装したようです。

3泊目のホテルがここ月の池。 
ガイドブックに「館内が季節の花で美しく飾られているホテル」と紹介されているのに惹かれて決めました。 
値段は、16,000円、18,000円、20,000円と、お料理によって違います。わたし達は、今までの2泊(田沢湖湯野浜)と同レベルの20,000円を選んで、宿泊しました。 

上山って、とってお歴史のある温泉街で、江戸時代から続く公衆浴場や、古いお屋敷街などがあって、情緒たっぷり。 
月の池も古い建物が立ち並ぶ狭い小路を入ったところに、細長く達っているホテルです。客室数は24。 

ここに泊った日の水戸黄門の舞台が、「上山」だったのに感動しました。 上山の詳しい情報は、黒田さんのHPを見て下さい! 

この日のホテルは、はっきり言って、今までの宿よりもランクは落ちます。お部屋は広いのですが、襖が日に焼けて、真っ茶茶なのが、安っぽさを感じさせてしまうのです。 
写真は、お風呂の脱衣所です。 
ここも、ちょっと不潔っぽいというか、垢抜けない感じがしてしまうのです。 

確かに館内は、お花があちらこちらに飾られていて、狙っている所はわかるのですが、仲居さんのサービスも今一つですね。 
お料理も、冷えて衣が厚い天ぷらや、ありきたりのロブスターが出たり、格好は、「懐石」なのですが、味は、感動するようなものではありません。 
20,000円の高いコースだからか、付いていた米沢牛のステーキと、松茸の土瓶蒸しが美味しかったです。 
お風呂自体は、良いと思います。 
一つ上の写真が内風呂。右の写真が、併設している露天風呂です。 
街の中にあるホテルですから、景観は特にいいわけではありませんが、こぎれいな気持ちの良いお風呂でした。 

地域別見出しに戻る