四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)


今現在、四柱推命占い師として、自分の事を冷静に見ている。
そうすると・・・・今まで全く気にしてなかった、わからないでいた「自分」という言葉が
わかりかけてきた感じ。

「何故?占い師に?」「世の人の為に占い師になったのか?」「世話をするのが好きなのか?」
「会話をするのが好きなのか?」など等・・・・色々なシーンで聞かれてきた内容。
正直・・・・「答えが見つからない」というのが答えだった。


今ハッキリ言える事・・・・「四柱推命」が純粋に好きという事。


巷であふれている「占い・鑑定」と、私が日頃から口にしている「占い・鑑定」とは意味が大きく違う。
私の場合「占い・鑑定」=「運命鑑定」としか考えられない。


実際の占い・鑑定の場で、お遊びの「運命鑑定」は存在しない。
少し解りにくくなってしまったが、要するにどこかのおばちゃんおじちゃんみたいな、
世間一般のお説教は一切なし
はたまは、「そのうち2・3年後頃に~近いうちには~~」とか、
「祈れば・・・・」や「アナタのご先祖様が~」
なんてかなりおバカな話は、考えても思いつかない
まして、どこぞこの本に書いているようなマニュアル的な話など、現実に考えても無理がある。
ま~詳しい内容は他のページででも。

四柱推命と今のページ画像

現実に起きている事象を「四柱推命」という占術、統計学で追求し、
「ニヤリ」と微笑む私。
人との関係についても、社会生活をスムーズに送る為に人間関係がある・・・・
としか思っていない部分が大半である。


むしろ、そう考える方が自分にはラクだったりする。
人間関係が少なければ少なくても、気にならない。
こちらも、少ない方がラクだと思う。
無理に自分を作る必要は精神衛生上・・・・私にもっとも良くない。
しかし、占い師として生きていく為には、人との付き合いは無視できない。
なにゆえ・・・・私の職業になっている。


目の前の本当に困っている方が、本当に私の鑑定を必要として、依頼してくださる。
その方に私の職業としている「四柱推命占い師」として、持っている技術で鑑定し、
具体的な方向、時期(大運、年運、月運など)で一番最適な答えを提示していく。
そこで必ず、金銭のやりとりが発生するワケだから・・・・占い師業になるのである。
この部分をキチリと割り切っている。


私が、中途半端な人間関係や、無理やりの人間関係を築いていたとすれば・・・・
その場の情などに流されて、まともな鑑定ができないどころか、プロの占い師として生き残れないと
ドライに考えている。


プライベートでの人間関係は・・・・片手で数えても余る。
あまり人間関係など自分は重要と思っていない。。。。
イヤ!重要に考えているからこそ、少ないのかもしれない。

TOPページへ戻る