四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)


占いの意味・・・・もちろん自分が幸せになる為のモノである。


何はともあれ、自分が幸せでない限り、
余裕がない限り、他の人への親切心や愛情をそそぐこと等
できるハズが
・・・・できるハズがない。
まずは、自分自身が1番幸せになって(幸せの内容は人それぞれだが・・・・)
それから初めて周りを見る視野が広くなるんじゃないのか??


世の中、世間では年数回、
テレビなどで○○時間テレビで募金活動する番組が放送されるが、
あたい見ていてイライラ~~っとしてしまう。
その時だけ、猫も杓子も・・・・募金・募金。。。。
その時だけ、目で見てわかる障害という立場の人がターゲットになっている。
目で見ただけではわからない障害という位置づけの方もたくさんいらっしゃるのに。
ごく一部の人しか、その恩恵はないだろう。


企業でも「私たちは収益の一部を~~~基金に」とあるがホントか?
ホントに最後の最後までその基金とやら・・・・渡っているか?
怪しいとしか思えないあたい。。。。


お~っと、最初のお話「占いの意味」の続きだが・・・・
毎日、毎日、お客さまを実際鑑定させていただいて、思う。
あたい自身も切に思う。


占い=鑑定にいらっしゃるお客さまは、何らかの不安や悩みを持っている訳でして、
それを「どうにか自分の力で解決したい」と決断して鑑定にいらっしゃる。
ヒマだから、何気に・・・・なんて方は・・・・まずいない。
そんな時、「あれもこれも自分のせいなのかもしれない」
「こんな風になったのは自分の責任だ」と・・・・特別の場合を除いて、
自分を責めて責めて・・・・どん底まで落ち込んでから・・・・いらっしゃる。
「完璧な人間はいない。機械やPCだってエラー発生なんてしょっちゅうよ。大丈夫~大丈夫~」というあたい。
「アナタの持っているアナタだけのモノを引き出す鑑定と時期。
そしてアナタだけのストレス解消法(自分自身を一番大切にするため)」をお伝えしてるわぁぁ。


だって、一生に一度の人生だもの・・・・
だって、アナタ自身の人生だもの・・・・
人には幸せになる自由がある。
それは本来、誰にも邪魔できないし、自分で選択するものでしょ?
それからでも遅くないから・・・・
アナタの最愛の人、家族を幸せにするのは。


アナタがどん底まで落ち込んで、それでも周りの人の為、最愛の人、家族の為に頑張ったとしても、
長くは続かない。見ている人にとっても辛い。
そんな時にナイスな考え、思いが出てくる???


人間、落ち込む時、悔しい時、辛い時は誰にでもあるもの。
そんな時「乗り切る時期、方向性は必ずある」
あたいの鑑定を受けても10と思うマイナスは0にはできない。
だけど、7や5~3くらいにはなる。
今がどうしようもない時期だとわかっても、
どうにかなる時期がわかる事で、良い諦めがつく。
良い時期を指折り数えて待つ。
わからないで落ち込む事が、ますますマイナス思考に拍車をかける。
「何もわからないで落ち込む場合と、時期を方向性をわかって落ち込む場合」には
かなりの温度差があると思う。


人生・・・・楽しんでいった方が勝ちだ。楽しむ考え方だって人それぞれ。。。。

TOPページへ戻る