四柱推命鑑定士 悠岑(ゆうしん)


守るとは
辞書では、防備
他から侵されないように、防ぐ
他との間に(社会的に)決められた状態を、破らずに持ち続ける
等の意味があるらしい


「守りたい」と「守る」の言葉
単語は似ていても、その動機から考えていくと
実に大きい違いがあるように思えてならないのである
「守りたい」の響きも、ここ最近気に入っている


義務感や責任感などなく
自分の気持ちに対し素直に出てくる言葉ではないのか?!
また、計算、打算がない
一種の潔さが感じられるのは・・・・あたいだけだろうか
人間は弱い生き物
「人間は弱い生き物」だと、よく人は言う
それはそうだろ~病気もすれば、落ち込む、泣く時もあれば
○○○の時もある(←ツッコミはナシで)
だけど、弱い弱いと思っている人間が、心からそう思った時
突然、心境が変わる
「守りたい」って思った時に初めて
怒りにも似た感覚


「守りたい」対象は人や物質・・・・色々だが
周りから言われて思う事ではなく
確かに自分自身の発するこころの中の声が
そんな風に決断するんじゃないのかな?
そんな時の人って男女ともに、素敵~~!!


逆に「守る」って言葉・・・・
それ自体嫌な感じがする
なんか、恩着せがましいような・・・・
中身が薄いような・・・・


よく男性の人が「オレはオマエを一生守るよ」
な~んてセリフはいただけない
「守るよ」じゃなく、「守りたい」と言われたほうが
自然で嬉しい気持ちになるのは、またまた?!
あたいだけか??


今まで何度となく挫折を味わって
人生これといって目標もなくいた人が
ある事がきっかけで「守りたい」思いになったら
それはそれで素晴らしいこと
自分でも驚くぐらいの勢いが出てくるに違いない
ちょっとした「きっかけ」いいんじゃないかしら~~?
「きっかけ」の内容はどうであれ
「守りたいモノ」が見つけられた人生 いいと思うよ

TOPページへ戻る